専門スキル無し!Facebookメッセンジャーボットが作れる『Chatfuel』の使い方

Facebookメッセンジャーはお使いですか?

昨今のFacebook は、ビジネス活用として使われる方が目立ちます。

お客さんやクライアントさんと、気軽にメッセージができるのも、魅力ですね。

もはや、メールでの問い合わせを、Facebookメッセンジャーに切り替えている方も沢山います。

問い合わせ窓口としてのFacebook メッセンジャー

問い合わせをもらう窓口として、メッセンジャーは便利です。

メールのように形式ばらず、気軽なコミュニケーションが可能になります。

自社のFacebookページを持っていれば、ぜひ活用したい問い合わせの形態です。

しかし、ひとつ問題があります。

それは、問い合わせが増えてくると対応しきれなくなるということです。

Facebookなどのソーシャルメディアというものは、即時性が求められます。

繋がりが近いために、レスポンスも早いだろうと、お客さんは感じてしまいます。

であれば、早く返さなきゃと焦ってしまうかもしれませんね。

でも大丈夫です。

チャットボットというものが解決してくれます。

あなたの代わりにチャットボットが自動返信してくれる

チャットボットは、聞いたことがありますか?

あなたの代わりに、返信を自動化してくれる優れものです。

忙しくて、質問に答える時間がなくても安心です。

予め返信内容を設定しておくことで、逐一返信する必要がなくなります。

機械がやってくれるんですね。

今回は、 Facebook のメッセンジャーを利用したチャットボットが作成できるサービスを紹介します。

誰でも簡単にチャットボットが作成できるChatfuel

チャットボットというと、いかにもプログラミングなどの専門スキルが必要なだと思いますよね。

でも、そんなの一切必要ありません。

パソコン初心者でもカンタンに使えます。

それが、Chatfuelというサービスです。

Chatfuelの使い方

Chatfuelはとても簡単に導入できます。

できることとしては、

  • アンケート形式での会話
  • 特定の単語に対して返答する
  • メッセージを送信する

があります。

シンプルに言ってしまうと、

予め、返答したい内容や、よくある質問はまとめておいて、後はそれを打ち込んで設定しておけばいいってことです。

使い方が不安な場合は、「Chatfuel 使い方」で検索をかけてみてください。

編集後記

問い合わせへの返答といったことは、できれば自動化しておいた方がいいですね。

特例の場合は別ですが、パターン化ができるものについては準備しておきましょう。

参考にしてみてください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで