導入を検討中の方、必見!ワードプレスを導入する5つのメリットとは

「最近よく聞くワードプレスを導入しようか悩んでいる。」
「ワードプレスの専門用語を少しでも理解したい。」
「これからブログをはじめたいので、ワードプレスについて知りたい。」

今回は、このような悩みを抱えているスモールビジネスオーナーに向けての内容です。

前半は「ワードプレスとは一体どういったものなのか」を、
後半は「ワードプレスを導入するメリット」について解説します。

ここ数年、ネットサーフィンをしていると、ワードプレスで作られたサイトを頻繁に目にします。

ブログといえばワードプレスと有名ですが、それでも知らない方・導入に迷っている方が意外と多いです。

なぜここまで、ワードプレスが流行っているのかについて解説していきたいと思います。

ワードプレスを導入するメリットとは何なのでしょうか?

ワードプレスの解説。

「ワードプレスとは?」

ワードプレスというと、ウェブに少しでもかじっている方なら名前くらいは聞いたことがあると思います。

今や世界的に見てもワードプレスのシェアは圧倒的です。

このワードプレスとは、Webページを作成する専門知識を知らなくとも簡単に

・ウェブページの編集
・ブログ記事の投稿

ができるブログシステムです。

以下、Wikipediaからの抜粋になります。

WordPress(ワードプレス)は、オープンソースのブログソフトウェアである。PHPで開発されており、データベース管理システムとしてMySQLを利用している(後述のプラグインよりSQLiteでの使用も可能)。単なるブログではなくCMSとしてもしばしば利用されている。

専門知識が必要なしといってはおきながら、専門用語だらけ少し難しいのでもう少し簡単に解説します。

サーバーにワードプレスをインストールすることで、普段使っているブラウザ(GoogleChrome、Firefox、Internet Explorer…etc)で、ブログの編集が簡易的な操作で出来るようになります。

ここで、もしもワードプレスが存在していなかったらを考えてみましょう。

HTML・CSSというウェブページを構成しているプログラミング言語を使い、ブログ記事を更新する度に編集後、サーバーにアップロードしなければなりません。

正直、これは専門知識を知っていたとしても、かなり面倒な作業です。

一昔前は、こういった手間を欠けてウェブページを作成していたので、技術の進歩が進んだことがわかりますね。

しかし昨今はワードプレスのおかげで、ちょっとしたテキスト編集も自分で簡単にできるようになりました。

でも、これって無料のアメブロでいいんじゃないの??と疑問を持つ方も多いです。

それでもブログ運営を上手い有名ブロガー・経営者がワードプレスを利用するのはなぜなのか解説します。

ワードプレスの5つのメリット。

「アメブロなどの、無料のブログでも十分では?」

きっとこんな疑問を感じた方も多いと思います。

確かに、アメブロでブログ記事は簡単にそれこそ専門知識がなくともブログが作成できます。

しかし、個人用ブログでなら大変便利なWebサービスですが、目的がビジネスでの使用となると向いていません。

その理由は、アメブロでは商用利用ができないためです。

隠れて出来ていても、アメブロ側にバレてサービス停止にでもなったら禁止されていることを、隠れてやっているのですから文句はいえません。

それに、なんやかんやサイバーエージェントが、黙認してるところもあるんじゃないの?と思っていたのですが、どうやら本当に運用のやり方次第で閉鎖もあるらしいです。それも、一夜にして。

なので、ビジネスでブログを作成するうえではワードプレスを導入した方がいいという訳ですね。

なぜなら、ワードプレスには数々のメリットがあります。

【メリット1】ブログ形式なので記事更新が簡単に出来る。

ブログ記事投稿が簡単に出来ます。
確かに慣れていない方には、すこし操作が難しいように感じるかと思います。

ですが、定期的に操作をしていれば慣れてくるので問題はないです。

自分がPCを買い始めたが当初を思い出してみてください。毎日、試行錯誤しながら触っていたら、業務はなんとかできるようになりませんでしたか?

ちょっとしたテキストの編集がそれほど時間もかからずに出来るようになりますよ。

【メリット2.】サーバー側で「簡単インストール」で、導入がスムーズにできる。

最近のサーバーはどこも「簡単インストール」ができるので、導入が手間ではなりません。
10分もあれば、ご自身の契約したサーバーにインストールできますよ。

簡単インストールの手順は、ネット上に豊富にあるので迷うことなくワードプレスをスタートできます。

【メリット3】SEOに有利。

ワードプレスは、導入した段階のデフォルト状態だとしても、SEOに最適化された仕様になっています。

それに、その後説明するワードプレステーマが秀逸でSEOに最適化されたものが多く存在します。

とはいっても、ワードプレスを使用している方は年々増えている為、有益なコンテンツ作成は欠かせませんけどね。

【メリット4】テーマ(テンプレート)が豊富。

ワードプレスのデザイン部分を担うテーマ(テンプレート)が豊富な所です。ありすぎてどれにするか迷うくらいです。

デザイン性や機能面がかなり高いのもワードプレスを使うメリットです。

【メリット5】プラグインが豊富。

プラグインとは、ワードプレスに機能を追加できる機能です。プログラマーが作成しているケースが多いため実用的なものが多いです。

ノンプログラマーでも、プラグインを導入すればカスタマイズが可能になります。

 

いかがでしたか?

ワードプレスのメリットを5つ紹介しました。

しかし、どんなことにも一長一短があるものでデメリットもあります。

それは、サーバーとドメインを用意する必要がある点です。

サーバーとドメインというとウェブからまったく知らない方からすると、何がなんだかわからないですよね。

まず、言葉は知っていても目に見えないのでイメージがわきません。

しかし、サーバーのドメインの知識はWebの活用する上で欠かせないものですので、死ぬまで役に立つ知識です。

ワードプレスを導入の段階で覚えておくと次世代CMSが流行りだした際など、長い目でみて役にたちます。

サーバーとドメインについては下記記事を参考にして下さい。

【参考記事】
ドメインとサーバーとは?Webサイト運営に必要な2つの違いを解説

以上、ワードプレスについて解説いたしました。

この記事内だけでは解説しきれない部分も多いのでまた別の機会に解説いたします。

少しでも参考になれば幸いです。

編集後記

今回は『導入を検討中の方、必見!ワードプレスを導入する5つのメリットとは』についてお伝えさせて頂きました。

ワードプレスのメリットを色々と挙げましたが、編集が自分で簡易的にできるのでトライ・アンド・エラーが少ないサイクルで出来る点ですね。

ブログだけでなく様々な用途があります。

ネット上の情報も豊富なので、すぐに検索リテラシーさえあれば、やりたい事や不明点を調べることができますよ。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで