メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

パソコンに苦手意識がある人が、まずは身につけるべき事と対処法

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

「これから、ウェブを使って集客していきたい。しかし、パソコン操作が苦手な自分でも大丈夫だろうか、、、。」

今回は、こういったお悩みのスモールビジネスオーナーに向けてお送りします。

パソコンが一般的になり、かなり長い年数がたっています。

それでも未だに苦手な方が多いのが現状です。

ウェブ集客には、当然パソコン操作も必要です。

正直なところ、直感的に操作が出来ないと厳しい面もあります。

(その都度の操作が、ストレスになってしまいますからね。)

なので、今回の内容は私なりにパソコン操作を習得するコツをまとめてみました。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

過去の自分もパソコンが苦手だった

少しだけ昔のことを話しますと、私もパソコンがすごく苦手でした。

パソコンだけなく、ネットやウェブの知識が同年代よりも疎かったことがコンプレックスでした。

どれだけ苦手だったかというと

  • Word・Excelの使い方がわからない
  • USBの入れ方・抜き方がわからない
  • WiFiのつなげ方がわからない
  • ブラウザの概念がわからない
  • ウェブサイトがどうやって表示されているのかがわからない

といった感じ。

そんな私ですが、現在ではウェブのことは大抵の事はわかります。

そして、人に教えられるようにもなりました。

プログラミングスクールに投資をした

苦手なパソコンを克服したきっかけは、プログラミングの学習でした。

もちろん、当時の私は独学なんて到底無理だったので、プログラミングスクールに通って学びました。

完全初心者でしたので、一番フルパッケージで教えてくれるコースを選択しました。(それなりに高額でした。)

かなり思い切りましたが、苦手なものだからこそ、それくらいリスクを負わないと、と思ったからです。

本題から逸れる事は質問しなかった

スクールに通ったものの、講師陣に対して、初歩的な質問は避けました。

初歩的な質問とは、本題となるプログラミングとは別の、純粋なPC操作でしたり、Excelなどの基本ソフトへの質問です。

いくら受講料を払っているとはいえ、講師の方に質問するのは気が引けたので、極力こうした質問は避けるようにしていたのです。

これを聞いてもったいないと思いましたか?

受講料を払っているんだから、思いっきりわからない事を聞いてしまえばいいと思いましたか?

しかし、私からしたらメインに教えてもらうプログラミング以外を質問攻めにする事がもったいないと思いました。

相手も人間なので、こんな事を繰り返していたら、表に出さないものの、嫌いますからね。

ただ、質問をしない変わりにやっていた事があります。

なぜ苦手なパソコンを克服できた?

その時に、よくやっていたことが、Google検索。

初歩的な操作や用語なんて、検索すればすぐに出てくるし、検索なんてほんの数分で出来ることなので、とにかく検索しまくりました。

後に、それはエンジニアでは、当たり前なことを知ります。

Google上で簡単に手に入る情報もあるので、質問する前に検索、検索してもないことは質問する。

これを繰り返しました。

わからないことは検索しよう

Google上にある情報から自分の必要な情報を拾えるようになれば、少しづつ苦手意識はなくなっていきます。

これは、過去の私の経験からも言えることです。

ネット上にある情報をフルに活用しましょう。

良質なブログ記事は、自分が思っている以上にたくさんあり、それが無料で公開されています。

正直、パソコンの得意・不得意は、その情報にアクセスできるか・できないかの違いで、センスなんて一切必要がないです。

検索力をつけよう

検索力が身につけば、大抵のことは出来ます。

そして、パソコンへの苦手意識なんてなくなります。

まずは、「<わからない事柄> とは?」で検索してみて下さい。

すると、基本的な知識がわかってきます。

そこから、さらに浮かんだ疑問を検索する。といった順番で検索を繰り返してください。

他、検索のコツや、ちょっとした小技については、以下の記事をご確認ください。

あわせて読みたい
Google検索のコツ|検索力を向上させる方法は知識と疑問を持つ事 ウェブに関して、疑問点を詳しい方に聞ける環境ではない人が大半だと思います。 そんな環境にいると、わからないことがあると、作業が止まってしまいますね。 一方で、...
あわせて読みたい
Google検索の小技!「期間指定」で最新情報をチェック 皆さんはGoogle検索を活用してますか? 現代はGoogle検索で大抵の情報は、無料で手に入ってしまう時代です。 活用してない方は、Googleから情報を探す癖づけをしましょ...

これが当たり前にできる人になれば、実践スピードも上がります。

情報を見つけたら実践してみる

当たり前ですが、検索して情報を見つけたら、実践してみてください。

実際にパソコンに触れて操作する時間を増やすのも、重要です。

パソコンに触れる時間が少なすぎては、当然苦手意識はなくなりません。

ある程度は、直感的に操作できないと、作業の時間がストレスになります。

ストレスを感じるものは、継続しにくいので、実践もストップしてしまいます。

ウェブ集客は、ずっと継続するのが前提としてある為、これは問題ありなのはわかりますね。

とはいえ、現在も上手くいかないことだらけです

私も日頃パソコン操作をしていて、いつも何の障害もなく、上手くいっているかというとそうでもないです。

何かしらの設定をしていて上手くいかないことは、ウェブをやっている以上、当たり前にあります。

じゃあ、どうしているかいうと、エラーが表示された時なんかは「じゃあ違う方をいじってみようか、それとも違う方法で設定してみようか→設定出来た。」といった具合で色々試していたりします。

トライ&エラーというと、少し大げさな感じがしますが、この繰り返しですよ。

失敗ありきで考え、何かあったら検索をして、乗り切りましょう。

検索するのが苦手な方へ

検索というトピックで解説しましたが、検索するのが苦手であるとか、苦痛な方もいると思います。

そもそも、基本的な用語がわかっていないと検索できない分野があるのも、事実です。

そんな方は、情報がパッケージ化されたものを利用するのがいいと思います。

(いわゆる、情報商材やプログラムという名称がつく商品ですね。)

こういったものは、多くの場合、有料だったりするのですが、割と効率的です。

今回の場合でいえば、PC操作系の操作動画もまとめて解説してくれているようなものを探してみましょう。

なんだかポジショントークみたいで嫌ですが、事実として、自分で情報を調べるのが苦手・そこから考えるのも苦手であれば、そういうものを活用するのも1つの手です。

編集後記

今回は「パソコンが苦手な人が身につけるべき事と対処法」についてお伝えさせて頂きました。

ウェブから集客をするには、ウェブをある程度は駆使する必要があります。

パソコン操作が苦手だと実践するスピードも遅くなりがちなので、早めに苦手意識を克服してほしいですね。

ちなみに、以下のような書籍も参考になりますよ。

動画

音声

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる