fbpx

1ドメインに複数のWordPressをインストールする方法【サブディレクトリを活用】

「WordPressで目的別に複数のサイトを運営したい。でも、ドメインをまた契約するのは運用の手間もかかるし、お金もかかりそう、、、。」

今回は、このような悩みを抱えているスモールビジネスオーナーに向けてお送りします。

多くのウェブ初心者の方が、

  • 1つのドメインに1つのWordPressをインストールすることしか出来ない。
  • また別のサイトを運営する場合は、再度ドメインの契約が必要になる。

といった思い込みをしています。

しかし、新しい事業を打ち出す為に新サイトを作成したい場合でもないかぎりは、1つのドメインからでも複数のサイトを運営することが可能なんです。

サブディレクトリの活用

この方法は「サブディレクトリ」を利用する全然実現できます。

(解説者によってはディレクトリを切るなんていいます。)

しかも、このサブディレクトリを使う方法なら、初心者でも簡単に実践できます。

サブディレクトリにWordPressをインストール出来る

WordPressは、1つのドメインに1つだけしか導入できないです。

しかし、サブディレクトリの方に、WordPressをインストールすることが出来ます。

そのサブディレクトリに導入したWordPressに目的別に購入した別のテーマを設定する、といった使い方も可能となります。

サブディレクトリってどういう仕組み?

サーバーやドメインを、現実世界の物に例えると、

  • サーバーは土地
  • ドメインは住所
  • WordPressなどのWebサイトは家

になります。

ですので、サブディレクトリにWordPressを導入する状態とは、ドメインという住所の中に持ち家の他に、仕事や趣味に没頭したいアトリエといった、いくつか目的別に家を建てるイメージですね。

サブディレクトリのやり方

サブディレクトリの導入例は以下になります。

  • 例:https://sample.co.jp(大元のWordPressが入っているルートディレクトリ)
  • 例:https://sample.co.jp/lp(ランディングページ用WordPressが入っているサブディレクトリ)
  • 例:https://sample.co.jp/blog(ブログ用WordPressが入っているサブディレクトリ)
  • 例:https://sample.co.jp/podcast(ポッドキャスト用WordPressが入っているサブディレクトリ)

とWordPressを入れるディレクトリを目的別に分けるといったことができるんです。

「sample.co.jp」ドメインのサイトと、関連性は一応あるけど、目的に応じて分けたい時に便利です。

具体的なやり方は、レンタルサーバーで、もっとも利用者の多いエックスサーバーで解説します。

簡単インストールなどで「インストールURL」欄に、ドメイン直下( / のあと)にフォンダ名として関連する英単語を半角英数字で入力(上記で解説したlp・blogのように)して通常どおり、手順にそってWordPressをインストールするだけなんです。

ぜひ、目的別にWordPressを使い分けたいとお考えの方はお試しくださいね。

具体的な目的別とは?参考例を紹介

今回ご紹介した方法で複数のサイトを運営できますが、その目的別の例は以下になります。

  • ランディングページ専用WordPress
  • ブログ専用WordPress
  • 動画視聴ページ用WordPress
  • 会員制専用WordPress

といった様々なバリエーションがあります。(あくまで一例です。)

ランディングページ専用WordPress

ランディングページ用のWordPressを導入して、以下の記事で紹介しているような「Colorfulテーマ」専用として運用することも可能です。(例:https://sample.co.jp/lp)

LP特化型のWordPressテーマ「Colorful(カラフル)」がオススメ

ブログ専用WordPress

ブログ専用WordPressとは、ドメイン箇所にすでに業者に作成してもらったホームページがあって、ブログを導入したいなら、サブディレクトリにWordPressを導入してブログ型のサイトとして運用することも出来るということです。(例:https://sample.co.jp/blog)

元のドメイン(例でいうところのhttps://sample.co.jp/)にすでにWordPressがあれば、ブログ専用WordPressは完全に役割がかぶるので、特別な理由がない限りは不要ですね。

動画視聴ページ用WordPress

動画視聴ページ用WordPressは、動画をデジタルコンテンツとして本格的に販売したい、もしくは動画プログラムを販売したいといった際に動画視聴ページ作成専用としてWordPressを導入するなどですね。(例:https://sample.co.jp/movieなど)

動画講座を作成して、無料オファーとしても活用できそうです。

会員制専用WordPress

会員制専用WordPressもサブディレクトリで運用できます。(例:https://sample.co.jp/会員制名など)

その会員専用サイト全体にパスワードをかければ、会員以外はアクセス出来なくなります。

こういった手段を覚えておくと、いざという時に使える

こういった運用方法は、その人の目的別によっては違ってきます。

現段階で、特に目的がないのであれば、いざという時に知識として覚えておいて下さい。

新規で事業を打ち出す為に新サイトを作成したい場合は別ですが、そうでない限りは新しいドメインを取得するのは、はっきり言って無駄です。

ドメインの管理が増えて、煩雑になります。

煩雑になってくると、結局実践が滞ってしまう原因にもなります。

今回のやり方を覚えておきましょう。

編集後記

今回は「1ドメインに複数のWordPressをインストールする方法【サブディレクトリを活用】」についてお伝えさせて頂きました。

今回ご紹介した方法で、再度ドメインを取得してサーバーを契約してなんて手間が必要ありません。

知っておくと大変便利な知識ですので、ぜひ実践してみてくださいね。

サブディレクトリで複数のサイトを運用していく場合、心配になるのは管理だと思います。

管理しやすくする工夫として、ブラウザのブックマークが有効です。

一番使用率の高いGoogleChromeのブックマークのやり方は以下より。

【初心者向け】GoogleChromeのブックマーク(お気に入り)の登録方法

WordPressの管理画面をブックマークしておけば、かなり便利ですよ。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで