ランディングページ制作 | まずはプロトタイプを作成するメリットとは

「ランディングページ制作って難しそう、、、」
「ランディングページを自作したい、、、」
「商品を売り出すためにもランディングページを用意したい、、、」

今回は、このような悩みを抱えているスモールビジネスオーナーに向けてお送りします。

オリジナル楽曲の制作作業の話から、ランディングページ制作の考え方について解説いたします。

せっかく商品を練りに練っても案内するためのページがないと、ウェブ上でセールスが出来ない為、大変もったいないですね。

では、内容に入りたいと思います。

デモ作成からのオリジナル曲

学生でも社会人の方でも趣味でバンド活動をしている方、多いと思います。

バンド活動といえば、メンバーも揃いコピーを重ねていくとオリジナル曲を作るフェーズに入ります。

私は作詞・作曲はまったくできませんが、友人がよくオリジナル楽曲を作成している様子をみていました。

オリジナル楽曲を作る時、バンドメンバーの中から一人がデモを作りメンバーに共有します。

このデモの段階で完成度の高いものは作りません。曲の大体のイメージが伝わればいいので6割型の完成度です。

そのデモを元に曲のイメージを膨らませ、各楽器で肉付けをしていきます。

それをブラッシュアップしていき、オリジナル曲を完成させるのが定石でした。

この工程を何度も重ねているうちに、バンドのオリジナル曲が出来上がる訳です。

他のミュージシャンはどのような手法を使っているかは、わかりませんが友人の上記工程でオリジナル曲を作成していたのです。

これって、商品案内の際に使うランディングページ制作でも同じことが言えるのです。

まずはプロトタイプからのLP作成

ランディングページ制作と聞くと、一番はページ作成面にハードルを感じるのではないでしょうか?

ページ作成には、HTML・CSSといった2つのプログラミング言語の知識が必要になります。

しかし、それは一昔前の事で、今ではこれらの知識を知らなくてもページ作成自体は出来てしまいます。

というより、今後本格的に必要なくなりそうで、基礎の基礎から上記プログラミング言語を学んだ私は、少し悔しい思いをしているくらいです、、、。

ウェブページの作成も、どんどんコモディティ化してきているからです。

ランディングページが作成できる「ペライチ」というウェブツールがあるのですが、このツールが便利なんです。

ウェブ初心者でも扱えるツールで、ほとんどが皆さんが普段しているPC操作(クリックとテキスト入力)といったパソコン操作でページ作成が出来てしまいます。

このウェブサービスを利用すれば、シンプルでオシャレなデザインのランディングページが作成できててしまうんですね。

それを踏まえて、このような手段を使ってランディングページのプロトタイプを作成できると、ページの出来はおいといて達成感と共にとりあえず自分でもページが作成できたと、モチベも上がります。

とりあえず形にしてみることって意外と重要です。

なぜなら、

  1. 文字を強調したい箇所を太字にして色を変えてみよう
  2. 文字だけだと単調だから画像を入れよう
  3. 改行を適度に入れて、読みやすくしよう
  4. 一番目につくヘッダー画像は外注してお願いしよう..etc。

といった、足りない箇所が明確になり、ブラッシュアップ案が思い浮かぶようになります。

これを繰り返すことで、より精度の高いランディングページが制作できます。(今回は、コピーライティング的な面はおいといて、ページ作成面での話です。)

バンドのデモのように、プロトタイプを作ってイメージが湧いてきてから完成形に近づけた方が、気持ち的にも楽ですね。

ぜひ、ランディングページ制作では、まずは6割型のプロトタイプをペライチで作成してみてくださいね。

自身のランディングページがいち早く形となり、イメージしやすくなるとモチベーションも上がりやすいです。

もしも、共同で制作している場合もイメージを共有しやすいですし、いち早く反応を確認と修正ができますよ。

ウェブページという無形物だから使い捨てが可能ですので、比較検証もスピードも持って出来ますしね。

編集後記

今回は、「ランディングページ制作 | まずはプロトタイプを作成するメリットとは」についてお伝えさせて頂きました。

お伝えした内容は、私が実際にランディングページ制作の際に気をつけていることです。というより、ウェブ制作全般でも同じですね。

ぜひ、参考にしてみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで