基本的なパソコン操作でウェブ制作を可能するツールの存在。

「ウェブに対して苦手意識がある」
「ウェブ制作というと専門知識が必要だと思っている」
「外注も考えているけど、自分でも操作を覚えていじりたい」

今回は、このような悩みを抱えているスモールビジネスオーナーに向けてお送りします。

少し前に流行った「初音ミク」の話から、初心者でも使える最近の便利なウェブツールについて解説いたします。

できれば、外注に頼らずに自分でウェブ制作したいという方にぜひ読んでほしいです。

では、さっそく内容に入りたいと思います。

初音ミクが流行った理由

「初音ミクってなんであんな流行ったんだっけ?」

少し前のことですが、人気バンドBUMPOFCHICKENと初音ミクがコラボしている映像を見た時、ふと気になったのでGoogleで調べてみました。

「初音ミク」とは音声合成ソフトから生まれたキャラクターです。

VOCALOID(ボーカロイド)という専用のソフトがあり、それをインストールしオリジナルで歌詞を入力したり、メロディーを入力することで初音ミクがそれに合わせて歌ってくれたり、踊ってくれる。

といった、これまでになかった方法でオリジナルで曲が作れ、それが流行ったそうですね。

「千本桜」という曲が、この初音ミクで作られ、公開されたところインターネット上で人気になりました。

これにより、楽器が演奏できなくても、自分で歌を歌うのに抵抗があっても、個人でオリジナル音楽がつくれるようになったという訳です。

しかも、それがキャラクターという実際に目に見える形となって表現できる。

この、「自己プロデュース」できるアイドルといったところがウケたそうですね。

歌を作るのが得意な人と、ダンスが得意な人がコラボしてプロモーションビデオを作成したりをできまます。

また、アニメ化が得意な人が初音ミクをアニメ化にもしていた記憶があります。

自分のできることで、作成作りに貢献できるんですね。

そういった具現化するものがあると、個人でもコンテンツ作成が可能になったことで、初音ミクは現在でもイベントをやっているほど、根強い人気があるそうです。

そして、これは近年のウェブ制作にも同じことが言えます。

ウェブ制作が簡易的にできる時代

近年、専門的な知識が必要としなくても、ウェブ制作がしやすくなりつつあり、それによりウェブ集客に手を出しやすくなっています。

なぜなら、以下のようなウェブツールが世の中が沢山あるからです。

  1. ホームページ → WordPress
  2. ブログ →WordPress
  3. ランディングページ → ペライチ
  4. メール配信(メルマガ、ステップメール) →MailChimp(メールチンプ)
  5. ECショップ → BASE
  6. 予約ページ → Coubic
  7. お問い合わせフォーム → Tayori

といった感じで。

こんな便利なツールが存在するのに、知られていないことが割りと多いんですね。

ウェブ制作というと専門的な知識が必要になり、完全にPCオタクやプログラマーのもの。だから、詳しい人に頼まないと自分のオリジナルでのウェブページやコンテンツは作成できない。というのは、一昔前になります。

これは、初音ミクのようにオリジナルの歌やダンスを創作できる媒体があるおかげで世界が広がった人がいるように、自分の実ビジネスを形にできるようになったということです。

現在でこんなに便利なんで、これからもっと初心者に優しいツールが出て来ると思うんですよね。

これからの時代、ウェブ集客を形にするのは、ウェブデザイナーでもなければ、PCオタクでもなければ、プログラマーでもない。

世の中を良くしたいと考えてくれるIT企業が開発したウェブツールを熟知し、それによりウェブマーケティングと絡めて活用できるユーザーです。

編集後記

今回は、「基本的なパソコン操作でウェブ制作を可能するツールの存在。」についてお伝えさせて頂きました。

ウェブツールの今後の動向を知っておくことで得することが、今後増えていくと思います。

なので、特にこれからウェブから集客を考えている方ほど、ツールの情報は仕入れておいた方がいいですよ。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで