BASEで商品が売れない理由は自分のメディアを運営してないから。

ウェブ初心者でもカンタンにネットショップを作成できるサービス「BASE 」って便利ですよね。

しかし、カンタンに作れるのは良いものの、作れば売れるかというとそうでもないです。

ちなみに、これはBASEが悪いサービスという意味ではないです。むしろ、ここまで初心者目線で、直感的に操作できるサービスは、中々ないのではないでしょうか?

今回は、「BASEで作ったショップをどうやって売ったらいいのか」ってところをご紹介します。

ネットショップを作成した時点であなたはそのショップの店長

まず、意識的にはネットショップを開設した時点で、あなたはそのネットショップの店長になる訳です。

実感わかないかもしれませんが、ネットなだけであって、現実世界でならそうなりますよね。

そうなると、そのショップに人を呼ばなければならない訳です。

いわゆる「集客」するってことですね。

楽天・Amazonと集客力が違う

楽天やAmazonは、多くの方が知っている超有名サービスですよね。

こういった有名サービスを使うとお客さんは、自発的に検索してくるので、商品が比較的売れやすいです。

自分から検索してくるといった行動がない限り、自分のネットショップの存在を知ってもらうことがないです。

この検索して自分のページに訪れてもらうというのが大事で、ネットで物を売る以上、SEOの知識が必要不可欠です。

BASEは、SEOに弱いのでショップ単体だと商品が売れづらい訳です。

自分の運営しているメディアと連携する

WordPressなどを使ったブログ型のサイトを運営していれば、そのサイトを連携しましょう。

BASEには「埋め込みコード」を呼ばれる、連携する仕組みがあります。

WordPressで更新したブログの中に配置するか、固定ページに配置して商品の案内ページを作る。といった工夫が必要になります。

もちろん、WordPress自体もただ作るだけではアクセスがこないので、何かの専門に特価したサイトだったり、しっかりとブランディングしたサイトである必要はあります。

もしくは、メルマガを配信しているのなら、そのメルマガに商品単体ページのリンクを配置するといった使い方もできます。

他だと、YouTubeのチャンネル登録者がそこそこいるなら、動画で商品について話して概要欄に配置するとかもいいですね。

といった感じで、メディアとミックスさせるといいですね。

編集後記

今回は、「BASEで作ったショップをどうやって売ったらいいのか」ってところをご紹介しました。

運営しているメディアと絡めることで、単体のショップで運営するよりも商品が売れやすくなります。

ちなみに、BASEの具体的な登録方法や使い方は以下の記事で解説しています。

BASEの使い方 – Web初心者でも簡単にネットショップを作成できるサービス

参考にしてみてください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで