fbpx

ウェブ上の商品・サービスを購入する前に考えた方がいい事

今回は、「ウェブ上の商品・サービスを購入する前に考えた方がいい事」について解説します。

「●●さんのサービスを受けたんですが、実践できなくてですね、、、。」

以前、お話をさせていただいたお客さんから、こんな相談を受けました。

●●にあたる人は、この界隈では有名な方なので、あえて名前は伏せます。

ちなみに、その方のノウハウは、決して質が低いという訳ではなく、むしろ価値の高いノウハウを提供しています。

問題なのは、商品・サービスの特性を、きちんと理解して購入しなかった、相談者の方です。

今回は、その辺を詳しく解説していきたいと思います。

ノウハウのみで売ってるパターン

商品サービスの形式は、コンテンツを販売するのにも、様々なパターンがあります。

ウェブマーケティングでいうと、

  • ノウハウのみを提供しているパターン
  • ノウハウ提供+PC操作まで教えてくれるパターン

ですね。

これがベースで、質問サポートがついていたり、コミュニティがついてきたり、色々です。

冒頭のお客さんは、これでいう「ノウハウのみを提供してるパターン」の商品だった訳ですね。

つまり、そのお客さんが実践することができずに、挫折した原因はPC操作が苦手で、ITリテラシーがなかったことにあります。

そこまで理解して、商品を購入しなかった。

申し込みページ、もしくは商品を対面で説明してもらった際に考えられなかった、判断できなかったから実践できなかったということです。

ノウハウを形にするスキルは必須

完全に教える側によって異なってきますが、PC操作はできて当たり前とされていて、そこは独自で学ぶ必要があったりします。

暗黙の了解とされていて、ノウハウだけを提供する商品だったら、自分はいつまでたっても形にできない。

良いノウハウを聞いた。けど、いざPCの前に立つとやり方がわからない。

きっと、そんな状態になってしまいます。

やはり、ウェブマーケティングってぐらいですから、ウェブをある程度使えないと、どんなノウハウも有効活用することができません。

サポートに期限があれば、もう最悪です。

なぜなら、形にならずに実践もできない為、その後は内容を忘れてしまい、結局なんだっただろうと、途方もなくなります。

実践できなければ、具体的な質問もできない為、せっかくついてきた質問サポートも、有効活用できずに終わってしまいます。

ちなみに、私も過去に経験しています。

なので、形にするスキルである、PC操作・ITリテラシーを、きちん習得する必要があります。

独学で学ぶか、人から学ぶか

じゃあ、どうやってPC操作を学べばいいのかというと、2パターンあります。

  • 独学で学ぶか
  • PC操作までサポートしてくれる人から学ぶか

になります。

独学は、Google検索やYouTube検索で1つ1つ情報を得ていくことになります。

ウェブサービスのマニュアルを自分で読み解き、操作まで習得することになります。

必要があれば、ウェブサービスの公式サポートにお問い合わせをし、1つ1つ自力で失敗しつつ、覚えていく必要があります。

WindowsやMacに関する細かい操作は、基本的に検索でなんとでもなるので、その都度、自分で検索をして習得していきます。

そして、PC操作までサポートしてくれる人から学ぶ場合です。

一応、この記事の読者は、ウェブマーケティングを学びたい人を想定しているので、純粋なパソコン教室は、あまりオススメしません。

純粋なPC操作は、検索でなんとかなりますし、そこに時間をかけていると、進捗が遅くなる一方です。

ウェブマーケティングと関連するようなPC操作でないと、時間がかかりすぎて、コスパが非常に悪いです。

PC操作までサポートしてくれる人から学ぶ場合は、ウェブマーティングと絡めたPC操作がわかります。

質問することもできるので、時短できます。

質問に仕方によっては、自分の商売に当てはめて、カスタマイズされた回答を得ることができます。

(きちんと、自分の状況を整理して質問する必要あり。)

サポートをしてもらえた方が、時間のショートカットになりやすいです。

それと、金銭的な面もあるので、この辺はご自身で判断して、どういった商品サービスを自分は選択した方がいいのか?を考えてみてください。

コンサルティングの効果もいまひとつ?

形にして実践できない、実践していないと、効果がいまひとつの商品サービスがもう1つあります。

それは、コンサルティングです。

コンサルティングは、あくまで戦略面を考えてくれる存在。

これも形にするスキルである、PC操作が出来なければ、意味がないです。

そして、ある程度、成果物がないとコンサルティングできる範囲も、限られてしまいます。

例えるなら、カードゲームで対戦する場合、切り札的なカードが山札の中にない状態です。

(幼少の頃に、遊んだカードゲームを思いだしてみてください。)

形にするスキルがない=山札がない状態でそもそも対戦ができない状態です。

戦略だけ参考になっても、やはり実践しないと意味がないのが、ウェブマーケティングです。

つまり、PCのリテラシーを高めよう

これから、ウェブマーケティングを実践したい場合、参考書を読むよりも、まずはリテラシーを高めましょう。

でないと、いつまでたっても形に出来ずに、様々なノウハウに惑わされてしまいます。

「あー、なるほど!!」→「けど、実際にどうやるの??」の繰り返しでは、モチベーションが下がる一方です。

というよりも、さんざんお客さんでそういった人を見てきました。

ここまで、偉そうに解説してきましたが、私も過去に情報商材で苦い経験をしています。

皆さんには、本当にそうはなってほしくないところです。

じゃあ、PCリテラシーって、具体的にどんなことなのか?ってところは、以下の記事で解説しています。