メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。スモールビジネスオーナーに向けて、ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【初心者向け】ウェブマーケティングの実践で必要な6つのスキル

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

ウェブマーケティングの手法って、知らぬ間に増えてきていますよね。

先日、ミーティングをしていたお客さんは、増えすぎたウェブマーケティングのノウハウにだいぶ混乱していて、実践が進まないと言っていました。

そこで、今回はウェブマーケティングで必要となってくるスキルを最低限でまとめてみました。

迷っている方は、今回のスキルを参考に習得していただけたらと思います。

目次

最低限なスキル

ここから解説するのは、かなり最低限だと思っています。

もし、できない場合は、または習得する気がないのであれば、ウェブマーケティング以前に、そもそもウェブに関わらない方がいいです。

間違いなく、実践が難しくなります。

PC操作

最低限のPC操作は、やはり必要ですね。

これが出来ないと、かなりハードルが高くなってしまいます。

最低限のPC操作とは、

  • ブラウザをスラスラ使える(GoogleChromeが良きです)
  • 基本的なショートカットキーが使える
  • タイピングもある程度の文章は問題なくできる(キーボードは見ながらでOK)

といったことが出来れば問題ないです。

ブラウザは最低限使えないと厳しい

さすがに、ブラウザって何?って方はいないと思いますが、ブラウザは最低限使えないと厳しいです。

ショートカットキーは、基本だけで十分です。

これが無意識レベルで使えないと、ツールを使う時なんかにストレスになりかねません。

ストレスになると、実践するのが億劫になり、次第に後回しになります。

そもそも…

そもそもの話。

ストレスに感じて、イヤイヤやっていても、何かをより良くしていこうなんて思えないですからね。

マインド的な話になってしまいますが、もしストレスに感じるくらいだったら、潔く得意な方に外注してもらった方がいいです。

外注費、高いですけど。

良く捉えれば、自分に出来ない事をやってもらう訳なので必要な投資、悪く捉えれば、情報弱者なので搾取される可能性が大。

タイピングもできると理想

タイピングもキーボードを見ながらでもいいので、ホームポジションから入力できたほうが望ましいです。

まだまだタイピングは活用します。

音声入力もありますけど、あれは全員が使いこなせる訳です。

そもそも、文字でまとめられない方が活用できるかは、怪しいところです。

ブライドタッチは出来た方がいいですが、習得に時間がかかる為、そこまでは余力があったらでいいと思います。

Google検索スキル

Google検索も、ある程度出来た方がいいです。

わからない事は自分で逐一調べて、解決してしまった方が実践がスムーズだからです。

OSの使い方、ブラウザの使い方といった超基本的な事をわざわざ人に聞くなんて愚の骨頂です。

最近のGoogle検索は、ある程度曖昧でも、補完して表示してくれます。

なので、別に高度な事ではありません。

「おすすめのブラウザは何でしょうか?」なんて簡単な疑問は無料でも解決しますよ。

検索方法は以下の記事をご参照ください。

あわせて読みたい
【初心者向け】ネット集客を実践するには、検索も身につけよう。 わからなかったらまずはググるなどして調べる。 それから質問。 これはエンジニア時代に暗黙の了解となっていた事。 どの職場でも同じような感じだったとは思いますが。...

オフィス系ソフトの操作スキル

オフィス系ソフトも、結構使用する機会が多いです。

PowerPointやKeynoteで、セミナー資料や動画コンテンツの資料でスライドをよく作成します。

個別面談などの商品を提案する場でもスライド資料を作成します。

WordやPageでは、無料オファーのPDFやE-book、電子書籍を作成する際によく使用します。

Excelも、顧客管理やコンテンツの管理などに使用する機会が多いです。

Googleスプレッドシートも便利でよく使います。

これらのソフトがPCに入っていることが前提ですし、ある程度使える必要もあります。

どうしても用意できない場合は、OpenOfficeというソフトがあります。

操作にクセがありますが、全くないよりはマシなレベルですので、これが最適だと思わないでください。

(場合によっては、OpenOfficeで作った提案資料は信頼を落とす場面があるので、特に注意してください。)

これらのスキルがないと、実践が全く進まないし、誰かのサポートを受ける場合も苦労します。

必要スキル

超最低限なスキルを土台とし、これからウェブマーケティングよりで必要なスキルをご紹介します。

これから、より必要なスキルです。

ツール活用スキル

現在はウェブツールが多い時代です。

(ウェブサービス、ソフトをまとめてツールと表現しています。)

これらの存在を知っていて、それをマーケティングの中で使えるかが実践できるかの肝になってきます。

例えば、WordPressを活用できると

例えば、WordPressを知っていて、使いこなしていれば、

  • ウェブサイトの構築
  • オウンドメディアの運用
  • ランディングページの作成
  • ファイルデータの管理

といったことが、これだけで出来ます。

もっと言えば、会員制サイトも作成出来るので、ウェブマーケティング上、欠かせない存在です。

例えば、メール配信サービスを活用できると

メール配信サービスを知っていて、使いこなせば、

  • メルマガ配信
  • ステップメール配信
  • 顧客への業務連絡の一斉配信

といったことが可能です。

さらに、2ステップマーケティングを実践したければ、このWordPressとメール配信サービスを連携することで実践可能です。

こういったツールとツールのつなげ方も必要になってきます。

SNS運用スキル

最近はまたTwitterが活発になっていて、Twitterから有名になっている方もいます。Instagramからもかなり集客が出来ているというお客さんもいます。

こういったSNSの運用も重要になってきています。

自分自身のアカウントがウェブ上で分身となり、認知を広めてくれたりします。

投稿内容も、よりコンテンツを意識する必要が出てきました。

何気ないことをつぶやいていても、何気なく写真を投稿しても効果を感じられない時代です。

SNSをしっかりと運用していくスキルは重要ですね。

各SNSで投稿方法の雰囲気も違うので、かなり奥が深くなってきています。

一度、フォロワーが多い人はどういった投稿をしているのか、または競合はどういった投稿をしているのかを確認した方が間違いは少なくなると思います。

ライティングスキル

まず、文章が書けないと、本当に苦労します。

  • ウェブライティングスキル
  • コピーライティングスキル

といった名称で語れることが多いですね。

このスキルがないと、自身の商品を魅力的に伝えられないです。

SNSの投稿でも使用するスキルです。

魅力的な投稿には、ライティングスキルが必須です。

そればかりか、自分のできないない範囲をだれかにサポートしてもらったり、お願いする時もそう。

具体的には、ウェブマーケティングのノウハウを学ぶ際にサポートを受けるとして、その際に質問をする機会があったとします。

その際に、自分の疑問的が文章となっていない場合(正確には自分はしているつもり)、疑問点の解消が難しくなります。

なので、マーケティング上はもちろんの事、テキストコミュニケーションでも苦労します。

まとめ

今回は、ウェブマーケティングの実践で6つの必要なスキルということで最低限のものを解説しました。

他にもありますが、かなり長くなってしまうので、本当の最低限にしました。

他、あるとかなり有利になるスキルとして、画像作成スキルなどがありますね。

ウェブが今後廃れることはまずあり得ないことですので、今後ずっと学び続ける必要があります。

何か特別なテクニックや秘密があると思っているノウハウコレクターの方へ。

こういった泥臭いスキルの総合力で初めてノウハウの真価が発揮される事を覚えておくといいですよ。

目次