YouTubeで予約投稿する方法 | 決まった時間に投稿する3つのメリットとは

YouTubeへ動画をアップする時に、「予約投稿」ができることをみなさんご存知でしょうか。

実はこの「予約投稿」、いつものアップロード時にすこし設定内容を変更するだけで実現可能なんです。しかもメリットもあります。

今回は、「YouTubeで予約投稿する方法 | 決まった時間に投稿する3つのメリットとは」をご紹介します。

YouTubeで予約投稿する方法

まず、皆さんYouTubeアカウント(Googleアカウント)は、すでにお持ちだと思うので、それ前提で話を進めていきます。

YouTubeにアップロードする時は、YouTubeアカウントにログインした状態で画面右上の「カメラのアイコン」(2018年12月現在)をクリックします。

次に「動画のアップロード」をクリックしてください。

そして、画面の真ん中の「公開」を「公開予約」に変更してください。

あとは、動画ファイルをドラッグ&ドロップするか、動画ファイルを選択して動画をアップロードします。

あとは、動画タイトル設定欄の右側、「スケジュール設定済み」の下に、日程と時間帯を設定できる箇所を確認できると思います。

そこで、日程と時間帯(現地時間で)を設定後、完了ボタンをクリックで予約投稿が可能です。

【メリット1】ルーティン化できる

予約投稿すると動画配信をルーティン化できるので、これからYouTubeでメディアを構築する上でオススメです。

1日1本動画をアップする。といったシンプルなルール設定が意外と大事で継続しやすいんです。なにもルールを決めないと、なぁなぁになり、後回しになる。で、結局最終的にやらなくなります。

筋トレが一番イメージしやすいですが、月・水・金の週3でジムに行く。とルールを決めるのと決めないのとでは、全く違うんですね。これも決めてないと明日でいいかと、なぁなぁになりますからね。

【メリット2】配信時間固定で視聴されやすい時間を狙える

視聴されやすい時間帯は、18時~23時あたりの時間帯でしょうか。一般的に家にいて、お風呂や夕飯をすませて、ダラダラしている時間帯です。

暇だからYouTubeでも見るかとなりやすいので、その時間帯を狙うと再生回数も増えやすくなります。

その時間を狙ってアップすればいいのでは?と思うかもしれませんが、これも自分が思っている以上にめんどくさくなって続かないものです。

予約投稿しとくのが、楽ですね。

【メリット3】精神的に楽になる

これが一番のメリットな気がします。予約投稿して、先越して設定していれば、気持ちに余裕ができます。

あとは、プラスαな作業になりますし、出かけるからしばらく動画が投稿できないな〜という場面でも安心できますよね。

意識低いほど、こういった楽をできる工夫は大事です。

編集後記

今回は、「YouTubeで予約投稿する方法 | 決まった時間に投稿する3つのメリットとは」をご紹介しました。

これで日頃のYouTubeを使った情報発信もルーティン化しやすくなりますね。

ちょっとした工夫なので、ぜひ参考にしてみてください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで