流行キーワードを調べられるツール「Googleトレンド」の使い方

検索キーワードには普遍的な悩みに対するものや、流行的なキーワードがあります。

普遍的な悩みは、お金や人間関係的な悩みに対する検索キーワードですね。例えば、「人間関係 築き方」とか「人見知り 解消」といったものです。

こういった記事は、検索結果に上位表示されれば、長期的にアクセル数が見込めます。

反対に流行キーワードは「iPhone XS 使い方」や「有馬記念 2018」(記事執筆時は2018年12月)といった旬なキーワードです。瞬間的にアクセルが上がるキーワードですね。

そんな流行キーワードを簡単に確認できるのが、今回ご紹介する「Googleトレンド」なんです。

Googleトレンドとは?

Googleトレンドは、サービス名の通り現在トレンドとなっている流行キーワードを調査できるツールです。

無料ですし、ページに移動していただければ、すぐに使うことが可能です。正確なデータは検出できませんが、何も参考データがないよりはいいですよね。

「ワールドカップ (開催年)」といった旬なキーワードで検索してみると、キーワードが推移がわかると思います。

Googleトレンドの使い方

使い方はとてもカンタンです。ページにアクセスした段階で、「検索キーワードまたはトピックを入力」と表示された検索窓に調べたいキーワードを入力するだけです。

これだけの操作で、キーワードの需要がわかります。

主に、最近になってサイトのアクセスが過去に比べて下降してきたように思う方は、主に狙っているキーワードを一度参考までに調べてみるといった使い方ですね。

「人気度の動向」箇所のデータを見て判断することができます。期間指定も出来ますので、必要に応じてですが、調べたい期間をピンポイントで調査することもできますね。

「+比較」または「+比較を追加」をクリックすると複数のキーワードを比較することが可能です。

編集後記

今回は、『流行キーワードを調べられるツール「Googleトレンド」の使い方』についてご紹介しました。

これで流行型のキーワードの動向を調査することができますね。

参考にしてみてください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで