ウェブ初心者でも簡単に「QRコード」を作成できるツールの紹介

「QRコード」って、スマホユーザーにとって便利ですよね。

iPhoneであればカメラ機能で簡単に読み込めるので、とても手軽です。

スマホユーザー利用者が年々増えていて、このQRコードの存在をしっているユーザーも多いです。

みなさんがウェブを運営しているのなら、このQRコードを作成する手段を覚えておいた方がいいですよ。

しかも、ウェブ初心者でも簡単にできます。

今回は、『ウェブ初心者でも簡単に「QRコード」を作成できるツールの紹介』をご紹介します。

「QRコード」を作成できるツールの紹介

Googleで「QRコード 作成」で検索してみると、ツールがいくつか表示されます。

どのツールもそこまで違いはないですが、

が実際に使ってみた感じ、使いやすかったです。

使い方は、URLをコピペして、作成ボタンをクリックするだけです。

コピーとクリックさえできれば、どなたでも作成可能です。手軽ですよね。

あとは画像データをダウンロードするだけです。

「QRコード」の活用方法

活用法ですが、チラシ、DM、はがき、パンフレット、ポスター…などの紙媒体ですね。

画像編集ソフトまたは、Wordやpagesなどの文章作成ソフト、Canvaなどのウェブサービスで作成すると思いますが、その際QRコードの画像を配置しましょう。

外注する場合は、QRコードの画像データを添付してください。

これで、オンラインメディアとオフラインをミックスすることができますね。

【応用編】Googleアナリティクスのパラメータ設定で計測

少し応用的な内容ですが、Googleアナリティクスには、パラメータと呼ばれるものがあります。

パラメータは、URLの後ろに追記する形になります。

高度な内容に感じる方もいると思いますが、このパラメータ設定をしていないと、QRコードからのアクセスなのかがわからず、QRコードを設置したチラシやDMの効果があったのかがわかりません。

詳しい内容は、以下の参考記事をご確認ください。

編集後記

今回は、『ウェブ初心者でも簡単に「QRコード」を作成できるツールの紹介』をご紹介しました。

これでQRコードを簡単に作成できて、紙媒体に配置することができますね。

参考にしてみてください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで