複数のGoogleアカウントを作るメリット | 用途別に管理で作業効率化

GoogleChromeは複数のGoogleアカウントにログインした状態に出来るので、大変便利ですよね。

アカウントを切り替えるごとにログアウトする、なんて面倒な操作が必要ないわけです。

もし、そんなの知らなかったという方は、今回ご紹介する複数のGoogleアカウントを作成するメリットをぜひ確認してみてください。

Googleアカウントを作成する方法

ブラウザで「Googleアカウント 作成」で検索をすると、検索結果の一番上に表示されます。

あとは、画面にそって必要な情報を打ち込んでいくと作成が可能です。

自分の電話番号を使い確認作業をすることになるのですが、何度も同じものを使用しているとはじかれます。

3アカウントぐらいなら、許容範囲なので作成することが可能です。というより、用途別に作りたい場合は、3アカウントぐらいあらば問題ないですね。

もっと、アカウントを作成したい場合は、違う電話番号を使用するか、時間をおいて試してみましょう。(時間が経つと作成できることがあります。)

Googleアカウントを用途別に使い分ける

Googleアカウントは、複数作成できます。

これを利用して、用途別にGoogleアカウントを管理することが可能です。

例えば、プライベート用Googleアカウント・仕事用Googleアカウント・お客さん用Googleアカウント…etc。といった感じです。

場合によりますが、1つアカウントで作業がしにくいケースがありますから、用途別の管理は大変便利です。

他、Gmailアドレスの使い分けやGoogleカレンダー、Googleドライブの使い分けに便利なんです。

Googleアカウントを複数作って問題ないの?

Googleアカウントを複数作成しても普通に使っていれば問題ないです。

そもそも、複数Googleアカウントを同時ログインして管理できますし、私も気になって調べてみましたが問題ないとのことでした。

ただ、ユーザー コンテンツおよび行動のポリシーに記述されている内容を違反してしまった場合は、どうやら複数アカウントの制限があるようですので、気をつけましょう。

編集後記

今回は、「複数のGoogleアカウントを作るメリット」についてご紹介しました。

用途別に作成することで、作業が整理されますね。

参考にしてみてください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで