ブラウザでの作業を効率化!よく使うChromeショートカットキー5選

ウェブサービスが発達したおかけで、ほとんどのウェブ制作がブラウザ上で行うようになりました。

もはや、ウェブブラウザは、ウェブサイトやSNSを閲覧するだけでなく、作業スペースとなっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、一番使われているGoogleChromeでよく使うショートカットキーを厳選して紹介します。

これを覚えておくと、マウスに触る回数が段違いで減ります。

マウスを触る回数が減るということは、疲れにくい・作業が爆速で進みます。

ぜひ、作業効率化に役立つので、日頃の作業の際に使ってみて下さい。

WindowsとMac、両方で解説しますね。

新しいタブを開くショートカットキー

Chromeでの操作で多いのが、新しいタブを開く操作だと思います。

この操作のショートカットキーは、

  • Ctrl + T(Windows)
  • command + T(Mac)

になります。

新しいウェブサービスを起動させたい場合、疑問が発生した際の検索などの作業が捗りますよ。

開いたタブを閉じるショートカットキー

今度は開いたタブを閉じるショートカットキーです。タブは開きすぎると煩雑になりますからね。

この操作のショートカットキーは、

  • Ctrl + W(Windows)
  • command + W(Mac)

になります。

不要になったタブは早々に閉じておきましょう。

閉じてしまったタブを再び開くショートカットキー

今度は、閉じてしまったタブを再び開くショートカットキーです。

やっぱり、閉じてしまったけど、もう一度あのページの情報を確認したい時に便利です。

この操作のショートカットキーは、

  • Ctrl + Shift + W(Windows)
  • command + Shift + W(Mac)

になります。

現在開いている次のタブ(右側)に移動するショートカットキー

現在開いている次のタブ(右側)に移動したい場合がありますよね。

マウスで移動させるのもなんら問題はないですが、一瞬で移動させる方法があります。

この操作のショートカットキーは、

  • Ctrl + Tab (Windows)
  • command + option + 方向キーの右矢印(Mac)

になります。

現在開いている前のタブ(左側)に移動するショートカットキー

現在開いている前のタブ(左側)に移動したい場合がありますよね。

これも、一瞬で移動させる方法があります。

この操作のショートカットキーは、

  • Ctrl + Shift + Tab (Windows)
  • command + option + 方向キーの左矢印(Mac)

になります。

編集後記

今回は、一番使われているGoogleChromeでよく使うショートカットキーを厳選して紹介しました。

他にも色々とありますが、今回は作業ベースでお伝えしかったので、タブ関連を中心にお伝えしました。

これでマウスを使う回数が減り、Chromeを使った作業も捗りますね。

参考にしてみてください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで