メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化のウェブ集客に関するオンライン学習プログラムやDVD、電子書籍を提供。「ノウハウがわかっても、実践方法がわからない」というスモールビジネスオーナーの悩みを解決すべく、セミナーやワークショップも開催している。

SEO対策によるstrongタグ(文字の強調)の使い方に注意する理由とは

URLをコピーする
URLをコピーしました!
このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

strongタグ(文字の強調)というテキストの強調する為に太字にする役割があるHTMLタグがあります。

WordPressですと、エディタから「B」をクリックすることで、簡単にstrongタグを挿入できてしまうので、あまり意識している方が多いのではないでしょうか。

実はこのstrongタグは使い方に注意があります。

今回は、「SEO対策によるstrongタグ(文字の強調)の使い方に注意する理由とは」をご紹介します。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

strongタグは乱用しない

自分が更新したコンテンツで強調したい箇所をstrongタグで太字にする訳ですね。

しかし、ユーザー目線にたつと使いすぎは、逆にわかりにくいです。

それ以外でも、Googleからペナルティを受ける可能性があり、検索順位も下がります。

なので、strongタグの使用は適度に使いたいですね。

また、同じ文言を強調する場合ですね。例えば、「SEO対策」という文言を登場する度にすべて太字にするといったことです。

同じ文言の強調箇所は、1箇所に留めておきましょう。

それと、WordPressテーマによっては見出し箇所が文字は大きく強調されてはいるものの、テキストが太字になっていないものがあります。

太字になっていないからといって、見出し箇所を太字にしてしまうのもよくないです。これもペナルティをくらう可能性が十分にあります。

過去記事で乱用してた、、、って場合

この記事を読んで、そういえば過去記事で乱用してたって方は、当然修正した方がいいです。

ついでに過去に書いた記事も振り返り、リライトしてみるのもいいですね。

リライトについては、以下の記事を参考にしてください。

ブログ記事は一旦寝かしてリライトするのがおすすめな理由

編集後記

今回は、「SEO対策によるstrongタグ(文字の強調)の使い方に注意する理由とは」をご紹介しました。

何事も、適度に使うのが一番だということですね。

参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる