ウェブの外注で画像制作をお願いする時の注意点とは

ロゴ画像、ヘッダー画像、バナー画像、広告画像…etc。

ウェブ上ではたくさんのキレイな画像が使われています。

例えば、デモサイトで気に入ったWordPressテーマを購入し、自分でカスタマイズしてもなんかイマイチってことはないでしょうか?

この違いは、使われている「画像」にあります。そのくらい、イメージを左右するのが画像なんです。

極力自分でソフトを購入して自分でやったほうが良いのは言うまでもないですが(たとえ、なんちゃって画像編集でも)、どうしても自分では出来ないので外注することがあると思います。

なので、今回は「ウェブの外注で画像制作をお願いする時の注意点とは」をご紹介します。

参考にしたいデザインの画像を共有する

美容室でこうしてもらいたい髪型をしたモデルの切り抜きを見せるのと同じで、こういったイメージにしてほしい画像を共有した方が双方にとっていいですね。

画像は、ウェブ上を調査してもいいですし、競合で参考にしたいサイトからもってきてもいいと思います。(もちろん、丸パクリしないのを前提で。)

画像は、ブラウザの機能でダウンロードできます。Chromeであれば、「右クリック > 名前を付けて画像を保存…」で、自身のPCに保存が可能です。

もしくは、「Pinterest」という画像特化サービスを使ってみると、参考にしたい画像が見つかると思います。

画像の元データを受け取る・保存しておく

ロゴ画像を作成したら、画像の元データをくれる業者が多いです。

必ず、元データをもらえないか確認してみましょう。

元データは、aiというファイル形式な場合が多いです。

この元データがあると、専用のソフトが必要にはありますが、ロゴの色を変更できたりといった柔軟な編集が可能です。

例えば、ロゴ画像をヘッダー画像に配置したいという場合、背景画像によっては色合いがしっくりこないとしたら変更したいですよね?

画像のままだと、色の変更はできないので、しっくりこないまま作成せざるを得ないです。

画像編集に興味があれば、ご自身で編集してみてもいいですし、また違う業者にお願いする場合にも使えます。

画像を外注したら、一度確認してみましょう。

編集後記

今回は、「ウェブの外注で画像制作をお願いする時の注意点とは」についてご紹介しました。

他にも色々とありますが、最低限これだけ注意していれば、画像の外注に関しては問題ないと思います。

特に元データをもらうことが出来れば、自分でも出来るようになるということを覚えておきましょう。

参考にしてみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで