動画を使って学習する効果| 分野によっては本よりも効率的な理由とは

動画を使った学習サイトや教材を販売している方が増えてきていますね。

分野によりますが、動画を使った学習の方がはかどる場合があります。

私も、プログラミング(JavaやPHP)、ウェブデザイン(HTMLやCSS)、画像編集などを動画で学習し、習得してきました。

今回は、そんな「動画を使って学習する効果」についてご紹介します。

本で学習するメリット・デメリット

本で学習するメリットは、自分のペースで学習ができることです。

動画だと一定の速度で情報が流れていってしまうので、苦手な分野ほど情報を拾いにくいですが、書籍は自分のペースでゆっくり情報を拾えます。

デメリットは、全く触れたことがない分野だと概要をイメージしにくい点です。

動画で学習するメリット・デメリット

例えばですが、ウェブ集客を学びたいとしましょう。

その際に切っても切れないのが、ランディングページなどのウェブページの制作や、WordPressなどのサイト制作、ウェブ広告などのウェブ制作です。

これらの分野は、本で学習するには難しい分野です。

なぜなら、全くの初心者の方だと、本のみの学習では概要をイメージするのが難しいからです。

私もプログラミングを学習する際に、電車移動などは本から情報を取得していたのですが、全くの初心者な状態では全くイメージができませんでした。

動画で学習することで、イメージがつかめやすくなります。実際にどのように操作をしているのかがわかりますからね。

小説よりも映画の方が記憶に残りやすいように、内容が入ってきやすいです。

しかし、デメリットとして、再生スピードが決まっているので、自分のペースで学習できません。

作業中に止めながら学習すればいいことですが、中にはこれが煩わしいという方もいました。

思い返してみると私もこういう経験がありました。全く触れたことがない分野なので、余計ですよね。

しかし動画学習の場合、この再生スピードが決まっていることで、逆に聞き逃さないようにしようと気が引き締まり集中できるといった面もあります。

また、繰り返し動画で学習していると慣れてくるタイミングが必ずきます。

あとは、自分のやり方が見つかってきます。例えば、1回目は見るだけで作業はしないで、2回目で実際に作業するなどですね。

編集後記

今回は、「動画を使って学習する効果」についてご紹介しました。

ぜひ、学んでみたい分野の知識習得に役立ててください。

動画学習の良さを少しでもわかって頂けたら幸いです。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで