自分のチャンネルのイメージ付けに!YouTubeチャンネルアートの作り方

YouTubeチャンネルを作り、自分のメディアを作っている方が増えてきました。

テレビに比べて、YouTube動画を視聴するユーザーが増えてきていますからね。

そんな、自身のYouTubeチャンネルを作成した後に、設定しておきたい項目の1つに「チャンネルアート」というものがあります。

今回は、この「YouTubeチャンネルアートの作り方」をご紹介します。

そもそもチャンネルアートとは?

チャンネルアートとは、自身のYouTubeチャンネルのトップページに表示される画像です。

一番目に着くヘッダー部分ですから、これによってYouTubeチャンネルの印象に影響するのは言うまでもないですね。

当然デフォルトだとなんの設定もされていないので、画像がないと寂しい印象になります。

それだけでなく設定していないことで、このチャンネルは賑わっていない印象をもたれることも。

なので、チャンネルアートはとても大事な要素だとわかってもらえたと思います。設定していないとしたらもったいないです。

チャンネルアートをどうやって作成する?

チャンネルアートを作成する方法は、複数あります。

  • Photoshop(有料)
  • Affinity Photo(有料)
  • Canva(無料)
  • Fotojet(無料)…etc

といったソフトやツールを使う方法ですね。

上記に上げた手段の中だと、CanvaとFotojetが一番敷居が低いです。

Canva チャンネルアート」「Fotojet チャンネルアート」で検索してみると、情報が豊富にありますよ。

Canva・Fotojetの場合、テンプレートがあるので安心です。

他、PhotoshopとAffinity Photoは、本格的に画像編集したい方向けとなっています。

自作する場合は、サイズを「2560×1440ピクセル」で作成しましょう。

チャンネルアートを作成にあたり参考になる記事

作成方法を解説した良質記事はネット上に豊富にあります。

作り方のコツから、設定方法までを解説してくれています。

記事を見ると、意外と簡単に作れてしまいますよ。

あとは、実際に設定してみて表示を確認し、微調整をしていくと画像が整ってきます。

YouTuberのチャンネルアートも参考になるので、お気に入りのYouTuberを参考にしてみてくださいね。

編集後記

今回は、「YouTubeチャンネルアートの作り方」についてご紹介しました。

凝ったデザインにしたい場合は、有料の画像編集系ソフトを使うか、自分で作成するのは難しい場合は外注するかデザインが出来る人に頼むことになりますね。

しかし、チャンネルアートは意外とシンプルなデザインの方が多いですよ。

参考にしてみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで