自分の画面が見えない!ZOOMの画面共有で全画面表示を終了する方法

ZOOMの機能の1つである、画面共有機能って便利ですよね。

共有したユーザーの画面をミーティング参加者全員にシェアできるので、スライドでの解説・PC操作の説明・資料の共有…etcといった際に利用できます。

こういった幅広い対応が可能なので、ホントZOOMは神ツールです。

しかし、この画面共有機能、他のユーザーが共有中は強制的に全画面表示になってしまいます。

その間、自分のPCの画面が見えなくなってしまうことも。

場合によっては、これは不便です。

そんな他ユーザーがZOOMで画面を共有中に、全画面表示を終了させる方法があります。

今回は、「ZOOMの画面共有で全画面表示を終了する方法」をご紹介します。

「オプションを表示 > 全画面表示の終了」をクリック

他ユーザーが画面共有中に、ZOOM内の画面中央の上部に「(ユーザー名)の画面を表示しています」と表示されます。

もし、表示されなかったら、画面中央の上部にカーソルを移動してみましょう。

他ユーザーが画面共有中は間違いなく表示されると思います。

次に「(ユーザー名)の画面を表示しています」のちょうど右側に「オプションを表示」という項目があるので、そちらをクリックしてみてください。

すると、画面共有中にできるアクションが表示されます。

その中で、「全画面表示の終了」という項目があるので、そちらをクリック。

すると、全画面が終了し、自分のPC内の画面が確認できると思います。

ZOOMの画面共有中の画面のウィンドウ幅も調整できるようになるので、自分が見やすいように調整ができますね。

まとめると、他ユーザーが画面共有中に、

  • ZOOM内の画面中央の上部に「(ユーザー名)の画面を表示しています」と表示を確認
  • ちょうど右側に「オプションを表示」という項目があるのでクリック
  • 「全画面表示の終了」という項目があるのでクリック
  • 全画面が終了し、自分の見やすいようにZOOMのウィンドウ幅を調整可能

といった動作で、全画面表示を終了することができます。

編集後記

今回は、「ZOOMの画面共有で全画面表示を終了する方法」についてご紹介しました。

これでZOOM中に他ユーザーが画面共有中も全画面を終了させ、自分の画面を確認できるようになりますね。

ZOOMを使ったセミナー、ワークショップ、コンサルティング、ミーティングの際には、ぜひ活用してみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで