セミナーの話し方のコツ | 面白いと思ってもらう2つの要素

「セミナーを開催するけど、うまく話せるかな」
「参加者が飽きないかな」

セミナーをビジネスに活用している、あるいはこれからチャレンジしてみようと考えている方は、このような心配があるかもしれません。

たとえ参加者が何人であれ、人前で話すと言う事はとても緊張しますよね。一生懸命台本を覚えたとしても、内容が飛んでしまうこともあります。

「自分の話はつまらないんじゃないか」という不安にも襲われることもあります。

でもご安心ください。

今回は、セミナーでの話し方のポイントをお伝えします。

セミナーの内容は今のままで構いません。あるちょっとしたポイントを付け加えることで、あなたのセミナーはより面白くなります。

セミナーを面白くする2つの方法

何もお笑い芸人のようにユーモアで勝負する必要はありません。ごく普通の話し方で構わないのです。

ただ、話す際に以下の2つのポイントを意識してみてください。

  1. 具体的描写
  2. セリフ

この2つがあることで、話の面白さは劇的に変わります。

単に、

カフェでお客さんとミーティングした

と言うのではなく、

夏の暑い時期に、2人で汗を流しながら、みなとみらいのスタバで、アイスコーヒーを飲みながら話していたんですが…

とすると、情景が頭に浮かびます。

聞いている人の中で、映像が頭に浮かぶだけでも、話は面白く聞こえます。

次にセリフです。

やり方としては、落語のように、一人二役でその会話を再現します。

あるいは、 心の声を反映します。

「え、まじかよ。どうしよう…」

という感じです。

これだけで、話全体の印象がガラッと変わります。

編集後記

今回は、「セミナーの話し方のコツ | 面白いと思ってもらう2つの要素」についてご紹介しました。

やり方を大きく変えようとする必要はありません。

今回紹介した2つのエッセンスを入れてみてください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで