請求側の視点で解説!PayPalで決済を利用する際の注意点とは

スモールビジネスオーナーであれば、PayPalを利用されている方、多いと思います。

PayPalは、ネット上のシステムなので、その仕様を知っておかないと様々な面で対応に苦労します。

これは前提として、決済ボタンを作成している請求側も、その決済ボタンを利用して決済をするユーザー側も同じです。

今回は、決済ボタンを作成している請求側の視点で、「PayPalで決済を利用する際の注意点とは」についてご紹介します。

毎月決済が実行されるのは、決済開始日から1ヶ月ごと

これは定期決済を利用する場合ですが、この仕組みを理解していないユーザーが多いです。

PayPalのシステムの仕様上、決済開始日から1ヶ月ごとに決済が実行される仕組みです。

これがわかっていないと、「私の次の決済日はいつでしょうか?」といった類のお問い合わせがきた際に困ります。

設定したクレジットカードに注意

PayPalには必ずクレジットカードや、デビットカードを設定しますね。

そのカード類との関係性も注意です。

どういった事かというと、例えばPayPalで決済を行った場合、クレジットカードやデビットカードを通して支払いが行われます。

デビットカードであれば、銀行と直結しているので、そのまま指定の銀行から金額が引かれますが、クレジットカードの場合が注意です。

クレジットカードの場合は、カード会社に登録した銀行口座の引き落とし日が指定されていますね。

なので、実際に決済してからのタイムラグがあります。

この関係性がわかっていないと、自分が決済ボタンを作成して利用する側になった際にお客さんとの対応に困ります。

実際にシステムの関係性を理解してなかったことで、支払い日の認識に相違があることがありますからね。

決済が実行できなかった場合の対処はお問い合わせ

「決済が実行できなかったんですけど」といったお問い合わせがくることがあります。

または、こちら側から決済が実行できませんでしたといった連絡をすると、どうしたらいいのかわからないお客さんも多いです。

請求側もPayPalを利用している1ユーザーなので、詳しい原因はわからないです。

代表的な事例を提示することは可能ですが、それに当てはまっているかをメールでの連絡で確認するのは困難ですね。

なので、解決法として、こういった時はPayPalに「お問い合わせ」をしてもらいましょう。

編集後記

今回は、決済ボタンを作成している請求側の視点で「PayPalで決済を利用する際の注意点とは」についてご紹介しました。

あくまで、1例なんですが、これでPayPal関連のお問い合わせも解決することができますね。

参考にしてみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで