請求側の視点で解説!PayPalの定期支払いが実行されなかった時の対処法

オンラインサロン運営での定期支払いで、もっとも多いのがPayPal(ペイパル)の利用です。

初月をお試し価格にして、次月から正規価格での決済といった、柔軟な設定が魅力的な決済サービスですからね。

しかし、時にはこの定期支払いがユーザー側により、実行されないケースがあります。

この対処法を請求側の視点に立ち、解説いたします。

PayPalを利用する上での前提知識

PayPalを利用する上で知っておいてほしい前提知識が、PayPalアカウントを通して、

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 銀行口座

この3つを登録して決済を行うかたちになりますよね。

それを踏まえて上で、、、

クレジットカードを登録している場合

こちらは、PayPalから定期支払いが実行できなかったと連絡が来た場合、まずは「クレジットカードの情報」を確認を指示してください。

クレジットカード情報とは、具体的には、

  • クレジットカードの利用限度額が超過していないか
  • クレジットカードの有効期限が更新されていないか
  • 最初にPayPalで支払いを行なったときに使ったクレジットカードを解約していないか
  • その他、クレジットカードが利用できない状態になっていないか

を、ご確認してもらってください。

クレジットカードを通しても、銀行口座を登録しているので、そちらの残高不足も考えられます。

色々と考えられる原因はありますが、あれこれ考えていても先に進まないので、上記を踏まえた上で、クレジットカード会社に直接お問い合わせしてもらった方が対応がスムーズです。

その方が原因もはっきりとわかりますので、それをメールでやり取りして指示してください。

ちなみにほとんどの方が、クレジットカードでしたね。

デビットカードを登録している場合

デビットカードは銀行口座に直結しているので、口座の残高を確認してもらいましょう。

シンプルに残高不足が原因かもしれません。

その辺を、メールで連絡を取り合って確認してもらいましょう。

銀行口座を登録している場合

これも口座の残高不足が原因ですね。

これも、メールで連絡を取り合い確認してもらいましょう。

といっても、ほとんどの方がクレジットカードを登録しているので、銀行口座を登録している方は少数ですが。

上記のいずれかを対応してもらったら、、、

PayPalの決済は一度実行されなかったとしても、数日後に再実行してくれる仕組みになっています。

なので、その間にメールでやり取りをして対応してもらう形になります。

継続課金サービスを運営していると、この対応が多いので覚えておきましょう。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで