セミナー講師で起業 絶対に読んでおくべき本5選

セミナー講師で起業する人が増えてきていますね。

自分の経験から得た知識を、困っている人に広めるという点で、素晴らしい仕事ですね。

「セミナー」というと、身構えてしまう面もあると思います。

でも大丈夫です。

何も、300人、500人のまで話すわけではありません。

はじめは、3人程度で始めてみましょう。

(1人でも大歓迎)

スティーブ・ジョブズのような記憶に残るプレゼンも必要ありません。

自分らしく、あなたらしく話せばいいんです。

今回は、

  • これからセミナー講師で起業する
  • 自分のビジネスにセミナーを取り入れる

という方に向けて、『セミナー講師で起業 絶対に読んでおくべき本5選』をご紹介します。

セミナー講師必読書5選

では早速、書籍を紹介しましょう。

  1. <決定版> セミナー講師の教科書
  2. セミナー講師 超入門:1年目からうまくいく!
  3. たった5人集めれば契約が取れる!顧客獲得セミナー成功法―全国No.1営業マンが初公開!
  4. DVD付 講師を頼まれたら読む「台本づくり」の本
  5. 21年間で2600回セミナーを実施した私の「顧客を獲得できるセミナーづくり」7つの法則

この5つがおすすめです。

まずは、気になるところでも構わないので、手にとって読んでみてください。

セミナーでの成功はターゲットとシナリオ

セミナーでお客さんを獲得していくときに外せないポイントは、

  1. ターゲット選定
  2. セミナーシナリオ(台本)

になります。

せっかく良いセミナーを作っても、参加者の属性がズレていると、成約には至りません。

シナリオも、そのターゲットに沿って考えるので、やはり「誰を集めるか」が大切になります。

編集後記

今回は、『セミナー講師で起業 絶対に読んでおくべき本5選』についてご紹介しました。

どの本もわかりやすく書かれているので、すぐに実践できます。

読んだら、とにかく動くことを忘れず実践してください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで