メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

サイトを開いたら「403 forbidden error」が表示された時の解消法

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

WordPressを利用していると、思わぬトラブルは付き物です。

例えば、サイトにアクセスした時、エラーが表示されてサイトが開かない状態でしたら、焦りますよね。

ですが、エラーメッセージが「403 forbidden error」でしたら、簡単に解決できます。

今回は、「403 forbidden error」のケースに限定して解決方法をご紹介します。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

そもそも403 forbidden errorエラーとは?

403 forbidden errorエラーとは、「あなたがアクセスしたページはインターネット上に存在はするけど、閲覧することが許可されていません。」といった意味です。

原因は、以下のエックスサーバーの公式ページに記載されているようにいくつかあります。

エックスサーバー よくある質問

専門的な内容ばかりですが、これまで正常に表示されていたのであれば、原因が絞られてきます。

サーバーのご契約が有効でないか、サーバー自体がメンテナンス中である可能性です。

サーバー自体のメンテナンスは、しばらくしたら解決されるので、サーバーのご契約が有効でないかを解決しましょう。(おそらく事前にメールが届いているはず。)

サーバーの「更新忘れ」がないか確認する

レンタルサーバーのサーバーパネルにログインをして、契約状況をチェックしましょう。

十中八九、凍結されている場合、契約期限が過ぎていると思います。

なので、早々に支払いを済ませましょう。こういった時にクレジットカードだと便利ですよね。

また、事前にサーバー会社からメールが届いているかも、確認してみましょう。

エックスサーバーだと、しばらくの間は凍結するのを待ってくれるそうなので、メールは絶対にチェックしておいてください。

こういった事があるから運用保守サポートがある

例えば、ウェブサイトを作成してもらうと、運用保守を提案されるケースが多いです。

費用は発生するものの、こういったサポートはご自身のウェブサイトを守る上でも、活用しておくことをオススメします。

なぜなら、今回お伝えしたような不具合は、かならず発生するからです。

今までそんなことなかった。

そんな人でも、不具合が起きない保証は、どこにもありません。

不具合が発生して、解決できなかったとしたら、あなたのサイトはずっとそのままです。

単純に怖いですよね。

なので、制作会社の運用保守は積極的に利用すべきです。

バックアップを取得しておくと安心

それと、急な不具合の為にもバックアップは取得しておきましょう。

以下が解説記事になります。

あわせて読みたい
初心者にオススメなバックアップ取得系WordPressプラグイン2選 WordPressのバックアップを行っていますか? WordPressの更新の際、プラグインの更新の際、それ以外でも、不具合が発生するケースがあります。 不具合が発生した際に、...

定期的にバックアップを取得しておくと、万が一サイトに何かあっても安心ですよ。

編集後記

今回は、「403 forbidden errorの解決法」についてご紹介しました。

これで急なサイトのトラブルも解決することができますね。

現在403 forbidden errorエラーになっていなくても覚えておいて損はないです。

参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる