ウェブ初心者向け!サブドメイン・サブディレクトリの基礎知識を解説

サイトを制作する際に、ドメインの取得は必須事項です。

しかし、メインサイトの他に関連した別サイトを運営したい場合、再度ドメインの取得となると費用がかかりますね。

そんなメインサイト以外に、別サイトを運営したいケースに役立つのが、今回ご紹介する「サブドメイン・サブディレクトリ」です。

サブドメインとは?

サブドメインとは、通常「demo.com」のドメインがあったとすると、「t.demo.com」といったようにドメインの先頭にアルファベットを付け足し区分けすることで、1つのドメインを用途によって分割するようなイメージで使用することが出来ます。

なので、「demo.com」にもサイトがあり、「t.demo.com」にもサイトがそれぞれ導入できる状態です。

このサブドメインを利用して、複数のサイトを目的別で作成していることが多いです。

設定方法は、「サブドメイン 設定 (契約したドメイン元の会社名)」で検索をかけていただくと情報が出てきます。

余談ですが、ドメインはこういった情報が豊富な会社から契約した方がいいですね。

サブディレクトリとは?

サブディレクトリとは、「demo.com」のドメインがあったとして「demo.com/sample」といった感じで「/」で区切り、「demo.com」の下層のディレクトリでサイトを運用することが出来ます。

例えば、

  • demo.com/blog(ブログ用サイト)
  • demo.com/lp(ランディングページ用サイト)
  • demo.com/move(動画コンテンツ用サイト)…etc

といった感じで、こちらも目的別にサイトを運用できる手段です。

これも、設定方法は、「サブディレクトリ(契約したドメイン元の会社名)」で検索をかけていただくと情報が出てきます。

エックスサーバーの場合は、以下の記事で解説しています。

一つのドメインに複数のWordPressをインストールする方法。

サブドメイン・サブディレクトリの使いわけ方とは?

サブドメイン・サブディレクトリの使いわけ方ですが、基本的には、

  • サブドメイン → メインサイトに対し、同じサービスだけど取り扱う内容が異なる場合
  • サブディレクトリ → メインサイトに対し、同じテーマのコンテンツを目的別で運用したい場合

といった使いわけになりますね。

なので、完全に別テーマ・別サービスであれば、新規でドメインを取得したほうが、ごちゃごちゃになるのを防げると思います。

編集後記

今回は、「サブドメイン・サブディレクトリ」についてご紹介しました。

この運用方法を覚えておくと、ドメインに関する費用を抑えることが出来ますね。

参考にしてみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで