Facebook広告とリスティング広告の違いとは。

私の地元、茨城では毎年夏にあると「ROCK IN JAPAN FESTIVAL(以下、ロッキン)」というフェスが開催されます。

すっかり恒例になっているので、音楽ファンの中ではすっかり有名で日本人のアーティストが多数出演するフェスです。

ロッキン以外にも、日本各地でフェスが夏に限らずに開催されていますね。

フェスの醍醐味はお目当てのアーティストを見ること以外に、今まで聴いた興味のなかった新たなアーティストの発掘、これもフェスの醍醐味です。

その場の雰囲気も手伝い、音楽の新規開拓になるのがフェスだったりしますね。

ジャンル問わずに日本のアーティスト(フェスによっては海外アーティストも出演)が出演する為、音楽の趣味・嗜好が異なるオーディエンスがフェスに訪れます。

ロックが好きな人もいれば、Jポップやレヴェ、ラップが好きな人もいます。

なので、出演するバンド側の熱狂的なファンのみではなく、少し気になったから聞きに来た人もいるし、友達に誘われたからや、単純に夏を楽しみたいからとレジャー感覚の人も当然いるでしょう。

といった感じで目的がバラバラです。

それに対してワンマンライブは、単独なので見に来るオーディエンスは当然ファンのみ。

オーディエンス全員の目的がそのアーティストなので、ライブ会場に訪れた全員が一致団結でき、感動的な空間になる訳です。

フェスとワンマン。

どちらもライブには変わりないですが、楽しみ方が全然違いますね。

実は、これウェブ広告でお馴染みのリスティング広告とフェイスブック広告でも同じことがいえます。

2つのウェブ広告の違い

ウェブ広告は、広告費を払うので上手く運用できれば、ウェブ集客が効率的になるツールの1つです。

ウェブ広告の主流は、大きく分けると

  • Facebook広告
  • リスティング広告

の2つですね。

この2つの広告、初心者の方からすると違いはよくわからないと思います。

簡単にですが、違いを解説していきますね。

まず、Facebook広告です。

Facebook広告といえば、みなさんが日頃見ているFacebookのニュースフィードに表示される広告です。

Facebookを見る時の目的は、だいたい友達の投稿だったり、いいね!したFacebookページを何気なく見るためが大半の目的です。

広告を目当てにFacebookを開くことなんて、まずないですよね。

そこで、たまたま気になり広告をクリック。と、いった流れがもっとも自然です。

そういえば自分の中で気になっていた問題、あまり意識してなかった、表面的には表れてなかった自分の中のニーズにハマり広告をクリックしてしまいます。

というユーザーもいれば、前から気になっていたセミナー講師やコンサルタントの広告を確認して、広告をすぐにクリックする。といったユーザーもいる訳です。

Facebook広告では、こういった潜在的なユーザーに対してアプローチすることが可能です。

一方、リスティング広告はGoogleの検索結果に広告を出稿します。その為、顕在的なユーザーに対して広告を出稿することが出来ます。

キーワード選定により広告を出稿するので、ユーザーの目的は比較的明確であることが多いです。

  • Facebook広告 → フェス型のライブ
  • リスティング広告 → ワンマン型ライブ

といったイメージです。

編集後記

今回は、「Facebook広告とリスティング広告の違いとは。」についてご紹介しました。

で、どっちの広告に手を出したらいいのかですが、、、。

もちろん、自身の商売だったり、目的によります。

基本的にどちらが良い・悪いはないです。

コンテンツマーケティングに力を入れていて、SEOでの表示に時間がかかるからリスティング広告を出稿する。

Facebookを使った方が、アプローチできるユーザー数が多いからFacebook広告を出稿するといった感じですね。

といったことが前提ですが、Facebook広告はリスティング広告に比べて出稿方法や管理画面がシンプルなのでウェブ広告の初心者向けと言われています。

また、ネットでの広告の中でも有名で旬な広告媒体です。

まずは、Facebook広告に広告運用に慣れていただいて、リスティング広告を活用してみるといった順番がいいのではないでしょうか。

ぜひ広告運用を検討している方は、まずはFacebook広告の利用を検討してみましょう。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで