武器としての書く技術 | ウェブ上で文章を書くすべての方に必読な1冊

昨今では目的に違いがあれど、ブログを開設してる方が増えてきています。しかし、ウェブ上で文章を書くのって、意外と難しいですよね。

ビジネスメールや小説とは違った文章を求められます。

そんなウェブで文章を書く上で、書き方の指針になるような一冊が今回ご紹介する書籍「武器としての書く技術」です。

この本は、イケダハヤトさんというプロブロガーが書いた本です。

イケダさんは、メディア「まだ東京で消耗してるの?」を運営しており、ブロガー界では知らない人はいないくらいの有名人。

そんなイケダさんからウェブ上で文章を書く方法を学べるので、かなり贅沢な1冊です。

すべてが参考になる訳ですが、その中でピックアップしてみました。

文章は語りかけるように書く

話すことと書くことは違う、という意見もありますが、ぼくは話すように書くという意識で問題ないと思っています。実際にぼくがブログを書くときも、目の前にいる読者に語るようにして文章を書いています。

引用:「武器としての書く技術」

イケダさんがこう語るように、ブログの文体は話かけるように書くを、意識し出したのがこの本を読んでからでした。

文章といったらカッコよく、それでいて小説のように賢そうに書かなければならないと思ったいたので、かなり参考になりました。

これ以降、友達に説明するような感覚で文章を書くようになりました。

本を読んだ次の日から実践できるような内容なので、きっと皆さんも参考になると思います。

なにより、文章を書くハードルが少し下がりますね。

自分の好きなことを扱えば基本的にネタ切れがない

自分が本当に好きなことを扱えば、ネタ切れを起こすことはありません。ぼくは毎日5~6本の記事を更新していますが、このペースで書いていても、ネタ切れどころか、書きたいネタがありすぎて困っています。世の中には面白い本、アプリ、企業、活動が無数にあり、さらに、ぼくも世の中に対して主張したいことがまだまだあるのです。

引用:「武器としての書く技術」

ブログでの一番の不安は、おそらく文書の書き方とネタ切れだと思います。ネタ切れに関して、イケダさんは上記のように語っています。

シンプルですが、自分の好きなこと扱えば基本的にネタ切れがないですよね。

というよりも、好きまでもいかないにしてもご自身の今の仕事は少なからず興味があって選択していると思います。

なので、その仕事の専門的知識をブログ記事にすればいいと思うんですね。

私だったら、ウェブ関連は興味があって今の仕事をしているので、特にウェブ系の調べ物をすることに関して苦ではありません。

なので、新しいウェブツールの情報などをブログのネタにしていたりします。

また、自分の好きなもの(漫画、バンド、ゲームなど)とウェブを組み合わせて、情報発信していたりもします。

そう考えると、ネタって考えようによっては無限にありますね。

さすがに、イケダさんのように毎日5~6本の記事執筆は無理ですが。

編集後記

今回は「武器としての書く技術 – ウェブ上で文章を書く方に必読な1冊」についてご紹介しました。

とにかく実践的な本なので、文章に苦手意識を持っている方に読んでほしいです。

イケダさん自身もブログをやっている為、下手な本より読みやすいですよ。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで