fbpx

ウェブライティングのコツ|ブログの文章は会話調が読みやすい理由

  • 文章に自信がない
  • ウェブ上の文章ってどんな風に書いたら良いのかわからない
  • できるだけ、読みやすい文章を書きたい

今回は、このような悩みを抱えているスモールビジネスオーナーに向けて解説します。

情報発信でブログを書く時に文章に対する悩みはありますよね。

結論からお話すると、ブログ記事の文章は、あまり堅苦しくキレイな文章でなくても大丈夫です。

では、どういった文章が受け入れやすいと思ってもらえるのか?

ウェブ文章は会話調の文章で大丈夫

情報発信では、たしかに質の高い情報が求められています。

なんとなく、質の高い文章=硬い文章・理路整然とした文章をイメージしがちではないでしょうか?

もっと、ハードルを落としても大丈夫です。

ウェブ文章は会話調の文章の方が、逆に受け入れやすいからです。

今回はそんなブログ記事の文章作成で読みやすい文章とは?に焦点をあてて解説したいと思います。

まずは、人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の話から、ウェブ上においての文章の書き方について解説いたします。

人気マンガ「こち亀」の話

2016年09月17日、亀有公園前派出所の警察官「両津勘吉」が主人公である漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所(以下、こち亀)」の連載が終了しました。

こち亀は1976年から連載がスタートし、2016年まで週間少年ジャンプとかなり長期で連載していた歴史が長い漫画です。

なので、内容は知らなくてもこち亀をご存知の方が多いと思います。

週刊少年ジャンプで40年間1度も休載なく続けられたそうです。

作者の秋本治さん、本当にすごいですね。

さて、そんなこち亀ですが、親しみのある絵のタッチが印象的でした。

絵のタッチから伝わる親しみやすさ。

最近の漫画には、迫力のある絵やキレイな絵のタッチが多いです。

そんな中で、良い意味で古臭いけど親しみのある絵のタッチが個人的には読みやすく、亀有という下町情緒あふれる舞台に絶妙に合っていましたね。

こち亀のような親しみやすい絵のタッチは、ブログ記事の文章にもこの「親しみやすさ」は大事だと考えています。

情報発信する上のマインドセット

「文章とは伝えるためであって知識をひけらかすためではありません。」

引用:イケダハヤト著書『武器として書く技術』

これは、イケダハヤトさんの著書『武器として書く技術』のなかの一文です。

なので、話し口調、会話調の文章でもいいというのが、イケダさんの主張です。

以下の記事で詳しく書籍の紹介記事をしているので、気になったらご確認ください。

武器としての書く技術 | ウェブ上で文章を書くすべての方に必読な1冊

ブログ記事の文章を書く時に、キレイな文章でなければいけないとお考えではないでしょうか?

ブログはあくまで「役に立つ情報を発信すること」が目的ですので、そこまでのキレイな文章は必要ありません。

小説、ビジネスメールとは別の文章が求められる

確かにキレイな文章は書籍や小説、ビジネスメールでなら求められます。

ですが、ウェブ上ではそこまで求められることはないです。

理路整然とした文章、専門用語だらけな文章、難しい語彙を絶妙なタイミングで入れてある文章。

これは、ブログを読むようなユーザーには向きません。

逆の立場(検索してくるユーザー)で考えよう

たしかに、その事柄についてわからないから検索をしているのに、堅苦しい文章の場合、自分が読む立場だったら、読もうという気になりません。

読んでて疲れますよね。

きっと、そのサイトからは離脱して、他のサイトの情報を探します。

なんといっても、情報発信としている方は、山のようにいるのですから。

文章を読んでもらいやすくする工夫

再度、繰り返しになりますが、ブログ記事でも読者に語りかけるような、会話調の親しみやすい文章の方が断然読みやすく感じます。

  • 話しかけるように文章を書く
  • 読者の役に立つような情報を届ける
  • 専門用語はなるべくいれずに、読みやすさを重視する

ブログ記事を書くときに、意識してみて下さい。

編集後記

今回は「ウェブライティングのコツ|ブログの文章は会話調が読みやすい理由」についてお伝えさせて頂きました。

私自身、文章が大の苦手でしたが、他のブロガーさんたちが書いた記事を読んでいると親しみやすい文章で書かれている方が多かったので、ずっと意識していることですね。

動画

音声

インフォグラフィック

インフォグラフィック

この記事への反響

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで