fbpx

【初心者向け】微調整のためのHTML・CSSのスキル

今回は、微調整のためのHTML・CSSのスキルをご紹介します。

最近はITツールの発達により、このHTML・CSSのスキルは不要になりつつあります。

じゃあ、これからウェブデザイナーを目指そうって方でもない限り不要なスキルかと思いきや、そうでもないんですね。

というのも、ちょっとしたデザインの微調整をしたい際に、HTML・CSSの知識が必要なんです。

では、内容に入っていきます。

なぜHTML・CSSを学習する?

みなさんは、WordPressなどのシステムを使っていて、デザインの微調整したいと考えたことはないでしょうか?

例えば、フォーム周りのデザイン。

ボタンの色であったり、入力フォームのデザイン、プレースホルダ(フォーム入力の補助として、表示されるテキスト)といったデザインの微調整ができます。

とはいえ、本格的にがっつり学習する必要はないです。

基本的に微調整が出来るくらいのスキルで十分だと思っています。

(実際、私も微調整が出来るくらいのスキルしかありません。)

とはいえ、興味がないと学習できないと思うので、、、

こういった分野は、興味がないと出来ないですね。

なので、自分のウェブ集客の仕組みをより良くしていきたい。

自分でWordPressで作成したページをより良くしたい。と思っている方は、ぜひぜひ学習してみる価値があります。

スモールビジネスオーナーである皆さんの場合、自分の事業に役立てる事ができるので学習する意義は掴めやすいと思います。

しかも、フォーム回りのデザインの微調整が出来ればコンバージョンに影響するので、尚更ですよね。

どうやって学習する??

HTML・CSSを学習するのに便利な学習サイトがあるので、ご紹介します。

ドットインストール」というプログラミング学習サイトがあるのですが、このサイトで基本的な事は学習できます。

実際に打ち込みながら学習するので、書籍で学習するよりも効率的です。しかも、1本数分の動画ですので、継続しやすいですよ。

HTML基礎文法入門 (全30回)」「CSS基礎文法入門(全37回)」で、概要がつかめてきます。

余裕があったら、「HTML入門 (全15回)」「CSS入門 (全17回)」も学習しておくと、なお良しです。

注意点もあります

フォーム回りのボタンテキストや、ボタンの色でコンバージョン率が変化するのは明らかですが、一点注意点もあります。

それは、この改善はあくまで枝葉の部分だという事です。

結局は、導線設計が出来ていなければ、このフォーム回りのデザイン修正くらいでは改善はされません。

そもそものオファーの内容が見込み客の興味を引くものでないとか、無料オファーを登録されたとしてフロントエンド商品の内容が関連性が微妙など、です。

導線設計が出来ている上での、より良くする為の施策だと考えて下さい。

編集後記

今回は「【初心者向け】微調整のためのHTML・CSSのスキル。」についてご紹介しました。

ドットインストールは、HTML・CSSぐらいの学習でしたら基本無料でも十分なので、ぜひ参考にしてみてください。

動画

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで