【初心者向け】微調整のためのHTML・CSSのスキル。

今回は、微調整のためのHTML・CSSのスキルをご紹介します。

最近はITツールの発達により、このHTML・CSSのスキルは不要になりつつあります。

じゃあ、これからウェブデザイナーを目指そうって方でもない限り不要なスキルかと思いきや、そうでもないんですね。

というのも、ちょっとしたデザインの微調整をしたい際に、HTML・CSSの知識が必要なんです。

では、内容に入っていきます。

なぜHTML・CSSを学習する?

みなさんは、WordPressなどのシステムを使っていて、デザインの微調整したいと考えたことはないでしょうか?

例えば、フォーム周りのデザイン。

ボタンの色であったり、入力フォームのデザイン、プレースホルダ(フォーム入力の補助として、表示されるテキスト)といったデザインの微調整ができます。

また、HTMLメールのデザインについても、デザインテンプレートがあるものの、微調整であったり一からデザインしたい場合は、HTML・CSSの知識が必要になります。

とはいえ、本格的にがっつり学習する必要はないです。

基本的に微調整が出来るくらいのスキルで十分だと思っています。(実際、私も微調整が出来るくらいのスキルしかありません。)

そこまで手が回らないよって方もいると思うので、そういった方は各ITツールのデザインテンプレートを活用していただければと思います。

しかし、よりデザイン性を高めたい方、テンプレートの微調整をしたい方にはオススメなスキルです。

ちなみに、ペライチなどはカスタマイズ性がないツールですので、WordPressやMailChimp(メールチンプ)などで使えるスキルですね。

どうやって学習する??

HTML・CSSを学習するのに便利な学習サイトがあるので、ご紹介します。

ドットインストール」というプログラミング学習サイトがあるのですが、このサイトで基本的な事は学習できます。

実際に打ち込みながら学習するので、書籍で学習するよりも効率的です。しかも、1本数分の動画ですので、継続しやすいですよ。

HTML基礎文法入門 (全30回)」「CSS基礎文法入門(全37回)」で、概要がつかめてきます。

余裕があったら、「HTML入門 (全15回)」「CSS入門 (全17回)」も学習しておくと、なお良しです。

編集後記

今回は「【初心者向け】微調整のためのHTML・CSSのスキル。」についてご紹介しました。

微調整とはいえ、HTML・CSSの世界は奥が深いです。

最短で効率的に習得する方法をお伝えしていこうと思いますが、今回の基礎的な内容を抑えておいてください。

ドットインストールは、HTML・CSSぐらいの学習でしたら基本無料でも十分なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで