Macの無駄なデータを削除して空き容量を増やす方法

今回は、Macユーザーの方でPCの空き容量がなくて困っている方に向けて、空き容量を増やす方法を解説します。

増やすといっても、Macintosh HD(内蔵ハードディスクや SSD などのストレージ)の中にある無駄なデータを削除していくという方法です。

容量がなくなってくると、PC作業にも様々な支障をきたします。

では、内容に入りますね。

なにが容量を占領しているのか?

まずは、どのデータが容量を占領しているのかを調べていきます。

画面左上(メニューバーの左端)のアップルマーク(アップル社のロゴ)をクリックし、「この Mac について」をクリックします。

次に「ストレージ」というタブがあるので、そちらをクリックしてください。

次の画面で「Macintosh HD」で、そのカテゴリーでどれだけ容量を使っているのかがわかります。

  • App → ダウンロードしたアプリケーション。
  • ムービー → Macに取り込んだ動画ファイル。
  • 写真 → iPhoneから取り込んだ画像ファイル。
  • オーディオ → iTunesで登録した音楽ファイル。iPhoneで録音した音楽ファイル。
  • バックアップ → Macに標準であるTime Capsuleというアプリの機能により、バックアップをとっているとこの領域が使われる。なお、アプリを開いて「切」になっていれば問題ない。
  • その他 → 上記に属さないファイル。

といった、項目が確認できますね。

私の場合、その他の容量がほぼ占領されていました。

このその他の減らし方をご紹介します。

「その他」の容量を減らす方法

  • ゴミ箱を空にする
  • デスクトップのファイルを削除する
  • 使ってないアプリケーションを削除する
  • 大きいサイズのファイルを削除する
  • ブラウザのキャッシュを削除する
  • iTunesの音楽データ・写真アプリデータを外付けドライブに移動
  • iPhoneのバックアップデータを削除する

その他の容量を減らす方法ですが、上記のようなデータを削除もしくは外付けドライブに移動することになります。

「大きいサイズのファイルを削除する」ですが、以下のアプリが調べやすく便利です。

DiskWave

これにより、どのファイルが容量を占領しているのかを確認することが出来ます。

私の場合、iMovieで取り込んだ動画データが占領していることが多いです。

「ブラウザのキャッシュを削除する」は以下の記事を確認して行ってください。

ブラウザのキャッシュを削除する方法を教えてください。

これで、少しは容量が空きますよ。

「iTunesの音楽データ・写真アプリデータを外付けドライブに移動」については、

iTunesのライブラリを外付けHDD(別ドライブ)に移動する方法

写真.appのライブラリを外付けHDD(別ドライブ)に移動する方法

の記事が参考になります。

「iPhoneのバックアップデータを削除する」は、

iPhoneのバックアップをPCから削除する方法【iTunes 12版】

を確認し、バックアップデータを削除しましょう。

中には、削除したくないデータもあると思うので、その際は外付けドライブにとにかく突っ込むがバックアップになりベストです。

編集後記

今回は「Macの無駄なデータを削除して空き容量を増やす方法」についてご紹介しました。

普段、動画編集をされている方は動画ファイルが容量を圧迫しやすいので、外付けドライブに移動がいいと思いますよ。

参考になれば幸いです。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで