チャットツールを一元管理!「Franz」で業務を効率化。

チャットワーク、Gmail、FacebookMessenger…etc。

これらは、業務中に使用しているチャットアプリや連絡ツールですが、ブラウザで表示させていると煩雑になり、かなり不便でした。

そもそも、Gmailにたどりつくまで、Chromeを起動→Gmailを開く、この動作だけでなかなか面倒くさい、、、。

FacebookMessengerも、Facebookにログイン→左サイドバーから「Messenger」をクリック、とたどり着くのがすごく手間ですよね。

たかが2クリックですが、操作は少ない方がいいに越したことないですよね。

しかし、このツール達を一元化したところ、かなり業務効率が上がりました。

それが、今回ご紹介する「Franz」というツールです。

Franzでチャットツールを一元化

今回ご紹介するFranzを使うことで、複数ある連絡系のアプリを一元化することが可能です。

管理できるアプリは主流で使われているアプリだと、

  • チャットワーク
  • Gmail
  • Inbox
  • FacebookMessenger
  • Slack
  • Skype

といったアプリを管理できます。(他にもあるので多数あるので、ぜひ確かめてください。)

同時に同じツールを登録することも出来ます。例えば、私なんかは個人とお客さん用で分けているので、2つのチャットワークアカウントを管理しています。

具体的な使い方は以下が参考になりますよ。

便利!「Franz」でチャットを一元管理!Slack・メッセンジャー・チャットワーク・Skypeをひとつの場所で

タスク管理ツールTrelloとGoogleカレンダーも管理可能

タスク管理ツールTrelloとGoogleカレンダーも管理ができます。

設定方法は以下の記事を参考にしてください。

チャットツール一元管理アプリ「Franz」でGoogleカレンダーやEvernote、TrelloにGitHubまで管理する方法

Gitfubというエンジニア向けのプラットフォームから、プラグインをダウンロードするのですが、記事に従って操作すれば、だれでも設定できますよ。

編集後記

今回は「チャットツールを一元管理!「Franz」で業務を効率化。」についてご紹介しました。

脳内キャパの少ない私は、このツールのおかげで以前よりは、連絡の管理がスムーズにいくようになりました。

ぜひ、業務連絡のタスクに追われている方にオススメしたいツールですね。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで