fbpx

「この記事あとで読もう」って時に便利なサービス「Pocket」の使い方


ネットサーフィンをしている時に、気になる記事を見かけたらGoogleChromeのブックマークしていませんか?

しかし、このブックマーク、やりすぎるとブックマークバーが煩雑になってきますよね。

「とりあえず、この記事あとで読もう」って記事はもっと手軽に見境なく保存・管理したいものです。

そんな時に便利だったのが、「Pocket」というサービスなんです。

Pocketの使い方

※使い方は一通り動画で解説しているので、文字で読むのが面倒な方は、動画をご覧になってください。

Pocketとは、サービス名の通りポケットにいれるような感覚でウェブページを保存し、管理することが可能です。

このサービスを利用するようになってから、手軽に情報を保存できるようになりました。

冒頭の通り、ブックマークバーを気にしたり、あとからフォルダを作ってまとめたりするのって典型的なO型で大雑把な私には合わなかったのです。(この記事は、そんな人に向けて書いています。)

利用方法は、至ってシンプルです。

まずは、アカウント作成をしてください。Googleのアカウントを持っていればすぐに作成可能です。

スマホからでもダウンロードすることが出来ます。

アカウントの作成が完了したら、Pocketの使い方を覚えましょう。と、いっても解説はほとんどいらないくらい、とてもシンプルです。

ブログ記事に、Pocketのボタンがある場合はそちらをクリックしてください。これだけで、Pocketのマイページに保存されます。

記事によってはない場合もあるので、GoogleChromeの拡張機能により、ワンクリックで保存することが出来ます。(必ずPocketにログインした状態にしてください。)

Pocket – Chrome ウェブストア – Google

また、マイページからURLを指定して保存することも可能です。

Pocketの活用法

活用法は、気になっている記事を保存するといった感じでとてもシンプルです。

具体的に保存するものは、

  • 設定方法を解説した記事(何度も参照する可能性があるもの)
  • ブログ記事更新の際に参考になりそうな記事
  • 参考になったランディングページ(デザインの参考に)

を、よく保存します。

保存した記事が煩雑になってきても「検索機能」がついていますし、読み合わった記事は「アーカイブ」することが出来て便利です。

タグも簡単に付けることが出来るので、とりあえずPocketに保存しておいて、後でタグ付けすると管理も楽です。

とにかく、現代は情報量が多いので、ウェブ上で参考になったものはその瞬間に保存しておかないと、次回以降見つけるのが難しいです。

そんな時に活用してみてください。

編集後記

今回は、情報を一時保存出来るサービス「Pocket」についてご紹介しました。

制作作業やブログ記事更新に、参考記事を集める機会が多かったので、このサービスはかなり重宝しています。

ぜひ、参考にしてみてください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで