「この記事あとで読もう」って時に便利なサービス「Pocket」の使い方

ネットサーフィンをしている時に、気になる記事を見かけたらGoogleChromeのブックマークしていませんか?

しかし、このブックマーク、やりすぎるとブックマークバーが煩雑になってきますよね。

「とりあえず、この記事あとで読もう」って記事はもっと手軽に見境なく保存・管理したいものです。

そんな時に便利だったのが、「Pocket」というサービスなんです。

Pocketの使い方

Pocketとは、サービス名の通りポケットにいれるような感覚でウェブページを保存し、管理することが可能です。

このサービスを利用するようになってから、手軽に情報を保存できるようになりました。

冒頭の通り、ブックマークバーを気にしたり、あとからフォルダを作ってまとめたりするのって典型的なO型で大雑把な私には合わなかったのです。(この記事は、そんな人に向けて書いています。)

利用方法は、至ってシンプルです。

まずは、アカウント作成をしてください。Googleのアカウントを持っていればすぐに作成可能です。

スマホからでもダウンロードすることが出来ます。

アカウントの作成が完了したら、Pocketの使い方を覚えましょう。と、いっても解説はほとんどいらないくらい、とてもシンプルです。

ブログ記事に、Pocketのボタンがある場合はそちらをクリックしてください。これだけで、Pocketのマイページに保存されます。

記事によってはない場合もあるので、GoogleChromeの拡張機能により、ワンクリックで保存することが出来ます。(必ずPocketにログインした状態にしてください。)

Pocket – Chrome ウェブストア – Google

また、マイページからURLを指定して保存することも可能です。

Pocketの活用法

活用法は、気になっている記事を保存するといった感じでシンプルです。

保存した記事が煩雑になってきても「検索機能」がついていますし、読み合わった記事は「アーカイブ」することが出来て便利。

タグも簡単に付けることが出来るので、とりあえずPocket突っ込んでおいて後でタグ付けすると管理も楽です。

私は、ブログ記事更新などの執筆作業の参考記事をPocketに入れ、タグで整理し、執筆後はアーカイブして定期的に整理しています。

編集後記

今回は、情報を一時保存出来るサービス「Pocket」についてご紹介しました。

制作作業やブログ記事更新に、参考記事を集める機会が多かったので、このサービスはかなり重宝しています。

ぜひ、参考にしてみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで