画像加工・PC画面の共有に最適!キャプチャーツール「Skitch」の紹介

PC操作を説明したい場合や質問したい場合、テキスト縛りで説明するのは骨が折れますよね。

そんな時にですが、PCの画面をスクリーンショットを撮り、画面を共有した方が手っ取り早く情報を共有出来ます。

今回は、「Skitch(スキッチ)」という便利なツールがあるのでご紹介します。

ブログを書く時にも、かなり重宝するツールです。

キャプチャーツール「Skitch(スキッチ)」

Skitchを使うことで、画面キャプチャーに対してテキストや画像を配置したり、モザイクを入れることも可能です。

これにより、ウェブ上の画面を説明したい時にかなり重宝するんです。

チャットを通したお客さんとの指示では、これを使うことが多いです。

PCの操作は、テキストだけだと説明しにくいし、わかりにくいです。なので、説明しにくいので指示を出す側・指示を受ける側、両方で幸せになれますね。

他には、ツール解説系の記事には、特に欠かせないツールです。

以下よりダウンロードすることが出来ます。

Skitch – 撮る。描き込む。共有する

Windowsでも使えるようです。

Windows版「Skitch」のインストールと使い方 – PC設定のカルマ

解説では、Windows8.1ということで、Windows10ではどうなのかわかりません。

もしWindows10で使えなかった場合、「Screenpresso」というツールが良さそうです。

機能はSkitch超え!画像に美しい注釈を加えられる「Screenpresso」がスゴい

具体的な使い方は、以下の記事が参考になります。

Macアプリ「Skitch」画像キャプチャ・描画・共有

画像は、

  • PNG
  • Skitch PNG
  • JPG
  • Skitch JPG
  • TIFF
  • GIF
  • BMP
  • PDF

と、いったファイル形式にすることが出来ます。かなり幅広いですね。

PNGとJPG形式に出来るので、画像編集の際にも、よく使います。

例えば、作成した無料レポートをオプトインページのイメージ画像として配置したい時に、レポートの表紙をキャプチャーし、そのまま配置したり、場合によっては画像編集ツールに取り込みテキストを入れたりしています。

編集後記

このツールを使うことで、画面や操作の確認や指示出しだけでなく、画像加工にも活用出来るので、幅広く役立ちます。

ぜひ、ご活用ください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで