タスク管理ツール「Trello(トレロ)」の活用法を紹介

皆さんは自分のタスクをどうやって管理していますか?

付箋、紙、手帳、Excel、Googleスプレッドシート…etc。

一般的に言われているタスク管理は、多種多様でその中から自分がやりやすい方法で、管理されていると思います。

そんなタスク管理で、私が活用しているのが「Trello(トレロ)」というツール。

結構高機能なんですが、無料でも使える点がほんとに便利。

今回はこのTrelloについて、ご紹介します。

個人でも、チームでも使えるので、ぜひ使ってみてください。

Trelloとは?

Trelloは、付箋のような感覚でタスクを追加したり、削除したりできます。

使い方は、とてもシンプルです。ドラッグ&ドロップ操作ができれば問題なし!

プロジェクトごとに作成できるBoard(ボード)に、List(リスト)を作成し、そこに具体的なタスクを記入するCard(カード)を作成するといった構造です。

List(リスト)は、今日やるタスク・確認中といった感じで作成します。

具体的な使い方は以下の記事が網羅されていて参考になります。

無料&日本語化!「Trello」でタスク管理がラクになる!使い方・始め方を解説します

具体的な活用法

タスクを記入し管理するCard内では、様々な機能があります。

以下で、Trelloでよく使う機能を厳選してみました。

チェックリスト機能

Card内で、使える機能としてチェックリスト機能があります。

これにより、タスクをチェックリスト形式で管理できます。

Cardを作りすぎて、煩雑になってしまう場合やタスクを細分化したい場合、便利。

タスクに「期限」も付けることができる

Cardに期限をつけることができます。

人間は基本的に怠け者なので、期限がないと行動しにくいですよね。私も特にこの傾向があります。

期限機能を活用して、ほどほどに自分を追い込めることできます。

期限に近づいてくると、Cardに表示される日付が黄色になり、さらに近づくと赤色で表示されるので、わかりやすく便利。

ラベル機能

Cardにラベルをつけることが出来ます。重要タスクには、ラベルをつけておくなどといった使い方をします。

オリジナルでラベルを作成できるので、自分で使いやすいように自由にカスタマイズ出来ますよ。

編集後記

シンプルで使いやすいタスク管理ツール「Trello」について紹介しました。

Android・iPhoneとスマホアプリもあるので、出先でPCを開けなくてもアプリ経由でタスクをメモすることも可能です。

私の場合、今日やること・メモのみでBoardを作成しています。

今日やることには、基本3つのタスクしか配置しないようにし、まっさらになったら、また3つCardを作成し、それを就業時間内で繰り返すといった感じのルールにしてます。

といった感じで、自分のルールを作ってみてくださいね。

ちなみにタスク管理術では、以下の書籍も大変オススメ。

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

ぜひ、タスク管理にお困りの方は、Trelloを活用してみてくださいね。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで