メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化のウェブ集客に関するオンライン学習プログラムやDVD、電子書籍を提供。「ノウハウがわかっても、実践方法がわからない」というスモールビジネスオーナーの悩みを解決すべく、セミナーやワークショップも開催している。

撮影動画に発生したノイズを除去する方法【iMovie/Final Cut Proで解説】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

今回は、「撮影動画に発生したノイズを除去する方法【iMovie/Final Cut Proで解説】」という内容を解説します。

先日、撮影した動画を確認していると、「サー」というノイズが発生していることに気づきました。

ノイズの原因は、PCのファンの音でした。

容量が圧迫された状態で、PCに負担がかかる動画撮影をしたのが影響して、PCのファンがかなりうるさかったのです。

他にもエアコンの音が入ってしまったりと、意外と環境音が入ってしまいます。

こういった、撮影動画に入ってしまったノイズを除去する方法がありますので、今回は2パターン紹介します。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

iMovieの「背景ノイズを軽減」機能を使う

Macに標準でついている動画編集アプリのiMovieには、「背景ノイズを軽減」機能がついています。

やり方は、とても簡単。

以下のページに、「背景ノイズを減らす」の箇所に設定方法が解説されています。

MacのためのiMovie: オーディオを補正する

「背景ノイズ軽減の量」を100%にすると、軽いノイズであれば完全になくすことが出来ました。

Final Cut Proの「ノイズ除去」機能を使う

Final Cut Proは有料のソフトになります。

このFinal Cut Proに、「ノイズ除去」機能があるので、それでノイズを除去することが可能です。

以下のページでやり方が解説されています。

Final Cut Proでオーディオを補正する

記事ではわかりづらいと感じる方もいると思いますので、そんな方は冒頭の動画をご視聴ください。

動画でもやり方を解説しています。

編集後記

今回は、「撮影動画に発生したノイズを除去する方法」をご紹介しました。

よほど、でかいノイズでなければ、完全になくすことも可能です。

クリーンな音の方が、内容が聞き取りやすいので、こういった対策をしています。

せっかく撮影した動画を、ノイズが入ってしまったからといって、また再撮影するのもかなり手間ですので、今回の方法をお試しください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる