撮影動画に発生したノイズを除去する方法。

先日、撮影した動画を確認していると、「サー」というノイズが発生していることに気づきました。

原因は、PCのファンの音。

容量が圧迫された状態で、PCに負担がかかる動画撮影をしたのが影響して、PCのファンがかなりうるさかったのです。

こういった、撮影動画に入ってしまったノイズを除去する方法がありますので、今回は2パターン紹介します。

iMovieの「背景ノイズを軽減」機能を使う

Macに標準でついている動画編集アプリのiMovieには、「背景ノイズを軽減」機能がついています。

やり方は、とても簡単。

以下のページに、「背景ノイズを減らす」の箇所に設定方法が解説されています。

MacのためのiMovie: オーディオを補正する

「背景ノイズ軽減の量」を100%にすると、軽いノイズであれば完全になくすことが出来ました。

しかし、この方法は、Macユーザーのみにしか出来ません、、、。

なので、Windowsは以下の方法をお試しいただきたい。

Audacityというソフトを利用しノイズを除去

Audacityという音声編集ソフトがあり、Windowsでも使用可能です。

やり方は以下をご確認ください。

Audacity を利用して、音声のサーっていう雑音・ノイズを取り除く方法

無料でも利用できるソフトなので、Windowsユーザーはこちらをお試しください。

この方法では、試したことがないですが、有名なソフトなのでおそらくノイズはだいぶ軽減されるはず。

編集後記

今回は、「撮影動画に発生したノイズを除去する方法」をご紹介しました。

よほど、でかいノイズでなければ、完全になくすことも可能です。

せっかく撮影した動画を、ノイズが入ってしまったからといって、また再撮影するのもかなり手間ですので、今回の方法をお試しください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで