撮影動画に発生したノイズを除去する方法【iMovie/Final Cut Proで解説】

先日、撮影した動画を確認していると、「サー」というノイズが発生していることに気づきました。

原因は、PCのファンの音。

容量が圧迫された状態で、PCに負担がかかる動画撮影をしたのが影響して、PCのファンがかなりうるさかったのです。

他にもエアコンの音が入ってしまったりと、意外と環境音が入ってしまいます。

こういった、撮影動画に入ってしまったノイズを除去する方法がありますので、今回は2パターン紹介します。

iMovieの「背景ノイズを軽減」機能を使う

Macに標準でついている動画編集アプリのiMovieには、「背景ノイズを軽減」機能がついています。

やり方は、とても簡単。

以下のページに、「背景ノイズを減らす」の箇所に設定方法が解説されています。

MacのためのiMovie: オーディオを補正する

「背景ノイズ軽減の量」を100%にすると、軽いノイズであれば完全になくすことが出来ました。

Final Cut Proの「ノイズ除去」機能を使う

Final Cut Proは有料のソフトになります。

このFinal Cut Proに、「ノイズ除去」機能があるので、それでノイズを除去することが可能です。

以下のページでやり方が解説されています。

Final Cut Proでオーディオを補正する

記事ではわかりづらいと感じる方もいると思いますので、そんな方は冒頭の動画をご視聴ください。

動画でもやり方を解説しています。

編集後記

今回は、「撮影動画に発生したノイズを除去する方法」をご紹介しました。

よほど、でかいノイズでなければ、完全になくすことも可能です。

クリーンな音の方が、内容が聞き取りやすいので、こういった対策をしています。

せっかく撮影した動画を、ノイズが入ってしまったからといって、また再撮影するのもかなり手間ですので、今回の方法をお試しください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで