fbpx

【ノートパソコン作業の疲れ対策】モニターディスプレイがおすすめ

オンラインで、映像を見る機会が増えましたね。

アマゾンプライム」やHulu U-NEXT などのオンデマンドビデオ。

あるいは、セミナー映像などのオンライン学習教材コンテンツなどもあります。

そうなってくると気になるのは、目・肩・首・腰の疲れですね。

今回は、「ノートパソコン作業の疲れ対策」をご紹介します。

ノートパソコンの疲れ

ノートパソコンのディスプレイを長時間見ていると、目が疲れますね。

さらに、肩や首、腰が凝ってきたりします。

おそらく、姿勢も関係しているのでしょう。

でも仕事だから、やらないわけにはいかない。どうしたものか…。

そんなときは、モニターディスプレイを使いましょう。

モニターディスプレイ

モニターディスプレイ」は、さながら、テレビです。

ノートパソコンの画面を、大きく表示してくれます。

モニターの中には、ブルーライトカット機能が搭載されているものもあります。

なおかつ、目の角度が上がるので、自然と姿勢が良くなります。

つまり、首や腰、肩こりの対策になります。

少なくとも、私自身は、疲れが軽減されました。

HDMIケーブル

どうやって、ノートパソコンとモニターディスプレイをつなげれば良いのか?

HDMIケーブル」を使いましょう。

ノートパソコンとモニターディスプレイをつなげることで、画面が表示されます。

テレビのように、見れるということです。

テレビだったら、長時間見ていても、そんなに疲れないですよね。

(1日中、見ていられるという人も、少なくないでしょう。)

ノートパソコンとモニターディスプレイ。

オンライン学習教材やオンデマンドビデオをみる人には、おすすめです。

編集後記

今回は「ノートパソコン作業の疲れ対策」についてご紹介しました。

これで、テレビのように、気兼ねなくオンライン映像を観ることができますね。

参考にしてみてください。