なぜメールマガジンを配信するのか?

「これからメルマガをはじめたい、、、。」
「どうやって購読者を集めているんだろう、、、。」
「ぶっちゃけ、メルマガって効果あるの、、、?」

今回は、このような悩みを抱えている方に向けてお送りします。

通信教育サービスの『進研ゼミ』から定期的にDMの話からメルマガについて解説していきます。

では、さっそく内容に入りますね。

進研ゼミのDM

私がちょうど小〜中学校にかけて、通信教育サービスの『進研ゼミ』から定期的にDMが届いていました。

このDMには進研ゼミへの申込用紙の他に、必ず漫画がついていて思いの他この漫画を楽しんで読んでいた記憶があります。

漫画の内容は、最初は勉強が苦手な非リア充の主人公がDMで届いた進研ゼミの案内を見てのをきっかけに始めたところ、勉強からプライベートまで上手くいきさらにはリア充にまでなってしまうというストーリーです。

あからさまに進研ゼミで人生が変わったという内容なので、もはやネタですが当時はこれが楽しみでした。

大人になった今でも、進研ゼミのCMを見るたびに思い出します。

定期的に届いていたので、通信講座といえば進研ゼミと無意識に名前が上がり、勉強で困ったら進研ゼミにお願いしようと考えるようになっていたんです。

いつしか進研ゼミに対して信頼を抱いていたんでしょうね。

実はこれウェブ集客でも同じなんです。

メルマガの役割

メルマガといえば、定期的にメールが届いてお役立ち情報の提供や商品を購入したあとのアフターフォローなどで、顧客との接触をはかるというもの。

メール配信サービスを使い、定期的に送ることになりますね。

ぶっちゃけ効果あるの?って感じる方もいると思います。

ですが、未だに多くの企業やスモールビジネスの方々が定期的にメルマガを配信しているのをみると、まだまだ可能性のあるマーケティング手法です。

なぜなら、LINEなども情報伝達手段として登場しましたが、メールの方が歴史が長く、メールを連絡手段として使っている方の方が圧倒的に多いからですね。

SEOの影響が必要になるブログやコンテンツが流れていってしまうSNSよりも、メールアドレスに強制的にコンテンツが届く為、使い方次第では強力な媒体です。

また、定期的にこのメルマガがくると、自分の商売のことを思いだしてくれるきっかけ作りになります。

自分の商売を思い出してくれると、無意識に記憶に残っているので、「何かあった時にあそこに頼もうか」と、真っ先に名前が上がります。

ですが、メールボックスには様々の情報が溢れかえっているので、見られる工夫は必要になってきますね。

それと、メールアドレスがなければ、当然メルマガを配信できません。

メール配信サービスとアドレスの取得

自社のメルマガを見てもらいやすくするには、競合や他の商売との差別化です。

その差別化に役立つのが、HTMLメールによる配信だと考えています。

HTMLメールで配信するには、「MailChimp(メールチンプ)」という配信サービスがオススメです。

無料でも大半の機能は利用できてしまうので、これからメルマガを始めるかたにはオススメのメール配信サービスです。

海外のサービスですが、使い方に慣れてしまえば問題なく使用できます。その為の使い方の工夫として、英語が苦手な方はChromeの日本語翻訳機能を使いましょう。

右クリックから、「日本語に翻訳」で日本語で表示されます。ちぐはぐな日本語なんですが、ニュアンスは掴めますよ。

HTMLメールで、画像とテキストを組み合わせることで情報が伝わりやすくなります。

もう一つ、必要になるのがメールアドレスですね。

このメールアドレスを取得することが、ウェブマーケティングにおけて最重要課題になるわけです。

メールアドレスがあれば、相手が購読解除しない限りは情報を届けられます。

リストなどと表現されますが、ちょっと無機質なので、ここではメルマガを購読してくれるファンを増やすと表現します。

で、メルマガの購読者を増やす方法ですが、以下のようなものが代表的です。

  • サイトからアドレスを登録してもらう(オプトインページをCTAにして)
  • セミナーのアンケート用紙に書いてもらう
  • 来店したお客様に登録してもらう、アンケート用紙に書いてもらう
  • 名刺交換をして、記載されているメールアドレスをデータベース化する
  • オプトインページをウェブ広告で出稿し、アドレスを取得する

ぜひ、参考にしてみてください。

編集後記

今回は、「なぜメールマガジンを発行するのか?」

進研ゼミのDMのように記憶に残ることで、「(業界)といえば(自社名)」となれば商売もしやすいですね。

実際、有り難いことに「メルマガを読んでいたので、セミナーに参加しました。」って方が多いです。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで