メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化のウェブ集客に関するオンライン学習プログラムやDVD、電子書籍を提供。「ノウハウがわかっても、実践方法がわからない」というスモールビジネスオーナーの悩みを解決すべく、セミナーやワークショップも開催している。

【初心者向け】プラットフォーム依存しないメルマガは未だに必須です

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。
  • 今更メルマガって効果あるんですか?
  • メールが届きにくいと聞きますけど、、、。
  • LINE公式アカウントもあるし、そっちでいいじゃないの?

今回は、このような感じている、スモールビジネスオーナーに向けてお送りします。

メルマガに対して、いろいろな意見があります。

確かにLINE公式アカウントは旬なツールで、有効な手段です。

連絡手段で、LINEを使っているユーザーも増えていますし、毎日のようにアプリを開きますからね。

しかし、LINEというプラットフォーム依存では怖いです。

自分が気づかないうちに規制に触れてアカウントが削除されたりしたら、怖いですよね。

こういった外部の影響が少ないのがメールアドレスなんです。

なので、メルマガは結局ところ一番安全です。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

なぜ、メルマガが安全?

たとえ、メール配信サービスが使えなくなっても、メールアドレスさえあれば別のものを使えばいいからです。

もしも、見込み客や既存客との接触手段がLINEのみだとしたら、使えなくなったことを考えると、とても不安定です。

もしかしたら、他のユーザーの悪質行為により規制が厳しくなり、今まで通りに使うことが出来なくなるかもしれないです。

こういった感じで、今までできていた事が当然できなくなることは、ネット上ではよくあることです。

なので、LINEだけではく、メルマガもやっておいが方がいい訳です。

確かにメルマガの開封率は下がってきている

メルマガといえば、定期的にメールが届いてお役立ち情報の提供や商品を購入したあとのアフターフォローなどで、顧客との接触をはかるというもの。

メール配信サービスを使い、定期的に送ることになりますね。

未だに多くの企業やスモールビジネスの方々が定期的にメルマガを配信しているのをみると、まだまだ可能性のあるマーケティング手法です。

たしかに年々メルマガの開封率は下がってきている傾向にあります。

今更メルマガって効果ある?

冒頭で登場したLINE公式アカウントも情報伝達手段として登場しました。

とはいえ、メールの方が歴史が長くメールを連絡手段として使っている方の方がまだまだ多いです。

  • SEOの影響が必要になるブログや、
  • コンテンツが流れていってしまうSNS

と比較すると、メールアドレスにダイレクトにコンテンツが届く為、使い方次第では今でも強力なメディアです。

また、定期的にこのメルマガがくると、自分の商売のことを思いだしてくれるきっかけ作りになります。

自分の商売を思い出してくれると、「何かあった時にあそこに頼もうか」と、真っ先に名前が上がります。

デメリットはメールが届きにくい

デメリットは、迷惑メールボックスに入ってしまうことです。

この問題は、結局のところ配信側と受信側の両方で助け合うしかないです。

配信側でも配信エラーに気をつけ、受信側でも迷惑メールボックスに入らないようにメールフィルター設定をする必要があります。

メールフィルター設定は、以下のようなサイトを案内しましょう。

あわせて読みたい
お気に入りのメルマガを迷惑メールフォルダーに入れない方法 お気に入りのメルマガや友だちからのメールを迷惑メールフォルダーに入れずに受信トレイに届かせる方法を各メールサービス、メールソフトごとに図解で紹介しているサイトで...

案内はメールアドレス登録後のサンクスページ、1通目のメールで案内しましょう。

こういった些細な事に協力してくれるようなユーザーに情報を届けたいですし、お客さんになってほしいですよね。

メールアドレスの取得するとFacebook広告で使える

メールアドレスを集めておくと、Facebook広告でも活用することができます。

カスタムオーディエンスと、類似オーディエンスという機能です。

カスタムオーディエンスでは、メールアドレスとFacebookアカウント登録時のアドレスが一致していれば、そのユーザーに対して広告を出稿できます。

類似オーディエンスは、そのさらに似ているユーザーに対して広告を出稿できます。

なので、広告を使ってアプローチできる層がさらに広がります。

Facebook広告は書籍で学ぶことができますので、今回ご紹介したカスタムオーディエンスと類似オーディエンスの理解を深めてみてください。

こういった感じで、メールマガジン単体で見るよりも、もっと全体的な「仕組み」という見方も大事だったりします。

以下の記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
高額な外注費を払いウェブサイトを作成しても集客に繋がらない理由 高額な外注費を払いウェブサイトを作成しても集客に繋がらない理由

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる