初心者でも出来る!ウェブ集客の仕組みはウェブツールの組み合わせで作成。

  • ミニ四駆
  • ベイブレード
  • 遊戯王
  • ポケモン…etc

これらは、ちょうど私が幼少時の1990年代に流行ったもので、これには共通点があります。

それは、、、カスタマイズ要素があるといった点です。

ミニ四駆、ベイブレードであれば部品を組み合わせ、遊戯王であればデッキという山札を、ポケモンであればモンスターどうしを組み合わせ、友達同士で強さを競いあいました。

どれとどれと組み合わせれば、最適なものが組み合わせができるのか?と、いった感じで、勉強よりもこういった遊びに頭を使っていましたね。

そして、勝負に負ければ、どこが悪かったのかを微調整する作業が、子供ながらに熱中していた思い出があります。

遊びだったからか、この試行錯誤さえも楽しんでいました。

こういったカスタマイズ要素がこれらの遊びの醍醐味で、社会的にも人気の理由だったと思います。

このカスタマイズ要素は、ウェブでも同じように考えていただくとイメージがしやすいです。

ウェブツールの組み合わせで仕組み化

ここ最近のウェブツールは、便利なものが多くウェブ初心者にも操作を覚えることで扱えるものが増えてきました。

これらのツールを組み合わせ次第で、ウェブ集客をある程度自動化することが可能です 。

例えば、「ウェブページを作成できるツール × メール配信システム」を組み合わせることで、リスト取りのページであるオプトインページを作成することが出来ます。

具体的には、ページ作成はペライチ、メール配信システムはMailChimp(メールチンプ)といった組み合わです。

ページ作成は、WordPressの固定ページでも可能で、MailChimpと組み合わせることでメールアドレスを管理でき、そのアドレスに対してステップメールを配信することもできます。

といった感じで組み合わせ次第で、オプトインページが簡易的に作成でき、ウェブマーケティングの実践がウェブ初心者でも出来てしまう時代なんですね。

また、他の手段だとWordPressの固定ページとMailChimpの組み合わせでも、オプトインページは作成できます。

こういった組み合わせ方をいくつか覚えておくと、例えばいつも使っているツールが使えなくなったとしても、同じように作成できてしまいます。

そして、自分で作れるようになれば、文言などの修正といった微調整も自分で出来るようになります。

なので、このツールを組み合わせて、カスタマイズする考え方を習得して、自身のウェブ集客を自動化していきましょう。

編集後記

今回は、「初心者でも出来る!ウェブ集客の仕組みはウェブツールの組み合わせで作成。」をご紹介しまいた。

自分はウェブが苦手だからと感じている方にも、どうにかできる時代になっています。

ウェブから集客を考えている方、ツールの情報を仕入れて活用してみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで