【ウェブ中級者向け】OptimizePress(オプティマイズプレス)とは

「WordPressでページ作成を効率化したい。しかし、専門的な知識(HTMLやCSS)がないので、ドラッグ&ドロップといった操作で作成できると助かるな〜。」

今回はこのように考えているスモールビジネスオーナーに向けて、WordPressで使えるツール「Optimizepress(オプティマイズプレス)」についてご紹介します。

Optimizepressは、テーマとしても使用できますし、プラグインとしても使用できます。基本的にはよほどWordPressを使いこなしている方でない限りは、プラグインとして利用するのがいいでしょう。

なので、今回はプラグインとして解説を進めていきます。

このOptimizepressを使うと、WordPress上でのページ作成の幅がかなり広がります。専門的な知識は必要とせずにドラッグ&ドロップでページが作成できるので大変便利なんです。

しかし、海外で開発されたプラグインなので、まだまだご存知の方が少ないツールなんですね。

基本的に、商品・サービスまたは無料オファーごとにランディングページは必要になってきます。

ウェブに関わっていく以上、継続的なページ作成からは逃れられないので、少しでも専門的なHTMLやCSSといったコードをいじることがないものが望ましいです。

それでは、早速OptimizePress(オプティマイズプレス)について解説しています。

OptimizePress(オプティマイズプレス)を活用するメリット

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript

ホームページを作成しようとなると、上記のようなプログラミング言語を学ばなければなりません。

HTMLとCSSについては、ウェブを少しでもかじっていると聞いたことがあるかもしれないですね。

JavaScriptはけっこう本格的なプログラミング言語になります。

なので、初めて聞いたという方も少なくないはずです。

試しに、皆さんが日頃見ているウェブサイトを表示した状態で 「右クリック > ページのソースを表示」をクリックしてみて下さい。

表示されたアルファベットの文字列がプログラミング言語になります。

ウェブ上のこういった技術は、上記に上げた技術をさらに掘り下げていくと、枝葉のように広がっていって、気が遠くなるほど幅広いです。

一昔前はウェブページ制作というと、こういった「専門的な知識を持っている人だけ」が出来るものでした。

なので、ウェブサイトを作成したい場合、制作会社に外注するしか手段がなかった訳ですね。

ですが、昨今ではWordPressなどのCMSの開発が進んでいます。

CMSとは、コンテンツマネージメントシステム(Content Management System)の頭文字をとったものです。

CMSでは、そんな専門知識がない非ウェブエンジニアの方でも簡易的に利用でき、ウェブ上のコンテンツを編集・管理できるようになりました。

覚えることといえば、「操作とウェブに関する基本的な知識」のみです。

コードを書くことなく、操作のみでウェブサイト運用が十分可能になりました。

例えるなら、パソコンの中身を詳しい仕組みは知らなくても、パソコンの操作・基礎知識を知っているだけで仕事は問題なくこなせるのと同じですね。

もちろん、マウスやキーボードの最低限の操作スキルは必要ですが、パソコンオタクになる必要はない訳です。

そんな、WordPressではコンテンツを作成できるだけでなく、全ての商売に必要不可欠な「ランディングページ」もコードをいじることなく作成可能なんです。

その方法とは今回ご紹介するOptimizePress(オプティマイズプレス)です。

このツールは、WordPressのプラグインで固定ページという独立したページを利用してランディングページ作成が可能です。

OptimizePressのメリットをあげると、

  • HTML・CSSといった専門的な知識がいらない
  • なので、そういったプログラミング言語習得の学習時間をカット
  • ドラッグ&ドロップといった基本的な操作でページ作成が可能
  • レスポンシブ化されている(スマホ・タブレットの表示対応)

になります。

コードをいじることはなく、ドラッグ&ドロップ簡易的な操作でページ作成ができます。テキスト編集もWordPressの投稿画面と同様にできますよ。

また、テンプレートも豊富なので一からデザインする手間もなく、デザインをしたことがない方でもプロ並みの高品質なデザインに仕上がります。

このツールを初めて使用した時、ランディングページ制作の敷居がかなり下がったのを感じました。

ランディングページを完全に外注となると、ちょっとしたテキストを編集したいだけで連絡する手間がありますね。そのちょっとした編集が自分で簡単に出来てしまいます。

PC以外のスマホ・タブレットのデバイスに対応したレスポンシブ化もされているので安心です。

ペライチとOptimizepressの比較

よく同じようなペライチとOptimizepressだと「どっちを使ったほうがいいですか?、違いはなんですか?」といった質問を受けます。

ペライチの場合、操作が直感的に出来るくらい簡単です。操作を覚えるのに、そこまで学習時間は必要ないでしょう。

なので、ペライチは本当に最低限のマウスのクリックやタイピングが出来るような、完全に初心者向けです。

一方、Optimizepressは、ある程度WordPressを使った経験がある方向けとなります。コードはいじれないけど、WordPressには慣れている、また最低限の操作に加えて、英語が多少できると使いやすいでしょう。

なので、ウェブに関して中級者向けですね。より本格的なページ作成をしたいと考えているようでしたら、OptimizePressはオススメです。

Optimizepres特有の操作を覚える必要がありますが、あくまで操作ですので慣れるのにそこまで時間はかかりません。

操作については覚える気があるかないか、どれだけOptimizePressの情報を収集できるか、また苦手意識があるかによって個人差がでてきますが、そもそもランディングページをプログラミング言語で作成するのと比べたら、少ない時間で作成できてしまいます。

そういった意味での簡易的に作成できるツールです。ぜひ、ランディングページ制作に興味のある方はご活用ください。

編集後記

このツールを使えば、コピーライティングを書くことに集中できそうですね。

使いこなすことで外注する手間を画像デザインのみと、最小限に減らせるのではないでしょうか。

ですが、海外ツールなのですべて編集画面が英語になっているという欠点があります。

このは屋では無料でウェブセミナーを開催しているので、ご興味のある方はご覧になってください。

たった30分でランディングページが作れるオプティマイズプレス攻略方法

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで