fbpx

【ウェブ中級者向け】OptimizePress(オプティマイズプレス)とは

  • WordPressでランディングページ作成を効率化したい
  • しかし、専門的な知識(HTMLやCSSのスキル)は全くない
  • ドラッグ&ドロップといった操作で作成できると助かる

今回はこのように考えているスモールビジネスオーナーに向けて、ページ作成系ツールをご紹介します。

ランディングページの作成は、ウェブ上で商売を行う以上、絶対的に必要になってきます。

基本的に、商品・サービスまたは無料オファーごとにランディングページは必要になってきます。

ウェブに関わっていく以上、継続的なページ作成からは逃れられないので、少しでも専門的なHTMLやCSSといったコードをいじることがないものが望ましいです。

これは、スモールビジネスをしている方であれば、一番の関心事ではないでしょうか?

まず、ランディングページを用意できなければ、商品が売れませんから、ここで改めて解説するまでもないです。

そこで、今回はWordPressで使えるページ作成系のツール「Optimizepress(オプティマイズプレス)」についてご紹介します。

Optimizepress(オプティマイズプレス)とは?

Optimizepressは、テーマとしても使用できますし、プラグインとしても使用できます。

基本的にはよほどWordPressを使いこなしている方でない限りは、プラグインとして利用するのがいいでしょう。

なので、今回はプラグインとして解説を進めていきます。

このOptimizepressを使うと、WordPress上でのページ作成の幅がかなり広がります。

専門的な知識は必要とせずにドラッグ&ドロップでページが作成できるので大変便利です。

しかし、海外で開発されたプラグインなので、認知されていないツールなんですね。

それでは、早速OptimizePress(オプティマイズプレス)について解説しています。

OptimizePress(オプティマイズプレス)を使うメリット

OptimizePressのメリットをあげると、

  • HTML・CSSといった専門的な知識がいらない
  • なので、そういったプログラミング言語習得の学習時間をカット
  • ドラッグ&ドロップといった基本的な操作でページ作成が可能
  • レスポンシブ化されている(スマホ・タブレットの表示対応)

になります。

ほぼコードをいじることはなく、ドラッグ&ドロップ簡易的な操作でページ作成ができます。

テキスト編集もWordPressの投稿画面と同様にできますよ。

また、テンプレートも豊富なので一からデザインする手間もなく、デザインをしたことがない方でもプロ並みの高品質なデザインに仕上がります。

PC以外のスマホ・タブレットのデバイスに対応したレスポンシブ化もされているので安心です。

今まで、固定ページでランディングページを作成していたけど、なんか味気ないページになってしまう、、、。という方にはオススメのツールです。

OptimizePress(オプティマイズプレス)のデメリット

注意点として、完全ウェブ初心者には難しいです

  • PCリテラシーがない
  • そもそもWordPressを操作した事がない
  • WordPressを操作した事があるけど自信がない

上記に当てはまる方には、ペライチというツールが扱いやすいので、そちらを使ってください。

素人でも素早くウェブページを作成するには「ペライチ」がオススメ

反対に、

  • WordPressの基本的なところは理解している
  • WordPressを使って1年以上は経過している
  • 固定ページでページ作成をした事がある

といった方であれば、OptimizePress(オプティマイズプレス)を扱えます。

ランディングページを外注すると、、、

ランディングページを完全に外注となると、それなりの金額がかかります。

お客さんの中には、120万業者に払った。という方もいました。

しかし、作ってもらったとしても、成果が確約している訳ではありません。

皆さんが、HTMLやCSSなどのプログラミング言語スキルや、ヘッダー画像などの画像編集スキルを習得するとなるとかなりの時間がかかりますよね。

しかも、仮に習得したとしても、センスがなければ、しょぼいページしか作れない。

外注は、スキル習得が現実的でないから、すでに持っている人からお金を払って作ってもらっているだけ。にすぎないからです。

しかも、ちょっとしたテキストを編集したいだけで連絡する手間や、追加で料金も発生します。

そのちょっとした編集が自分で簡単に出来てしまいます。

編集後記

このツールを使えば、コピーライティングを書くことに集中できそうですね。

使いこなすことで外注する手間を画像デザインのみと、最小限に減らせるのではないでしょうか。

ですが、海外ツールなのですべて編集画面が英語になっているという欠点があります。

このは屋では無料でウェブセミナーを開催しているので、ご興味のある方はご覧になってください。

たった30分でランディングページが作れるオプティマイズプレス攻略方法

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで