コツを知れば簡単!思わずクリックしたくなるタイトルを付ける5つのコツ

「ブログのタイトル付けに悩んでいる」
「いまいち良いタイトルが付けられない」
「ブログのタイトルはそこまで重要視していない」

今回は、このような悩みを抱えているスモールビジネスオーナーに向けてお送りします。

人気漫画「銀魂」の話から、ブログのタイトルの付け方について解説いたします。

ブログのタイトルは、ブログ記事の顔です。

タイトルから、ブログ記事を見てもらえるかの判断材料になりますよね。

では、早速内容に入ります。

シュールなタイトル付け

「天然パーマに悪い奴はいない」
「ジャンプは時々土曜に出るから気を付けろ」
「第一印象がいい奴にロクな奴はいない」

これらは、人気ギャグ漫画「銀魂」の各ストーリーのタイトルです。

銀魂の中でも特に印象的なのが、冒頭のシュールなタイトルの付け方。

今回ピックアップしたもの以上にシュールなのがあります。

日常生活でのあるある、確かに気になってたけど表立って言葉にしない事を独特な語り口でタイトルにしてるので、いつも内容以上に気になっています。

時には「普段、あまり意識してなかったけどこんなことしてるな〜」とちょっとした気づきや共感があり、日常の会話に使えたりします。

今思うと銀魂を読んでみようと感じたのも、この独特なタイトルからでした。それぐらいタイトル付けは内容を見てもらう為に重要な訳です。

個人的にですが、銀魂はギャグ要素に共感があるからこそ、ここまで人気漫画になったように思います。

そして、これはブログ記事でも同じことが言えるのです。

ブログ記事タイトルのつけ方のコツ

ブログ記事のタイトルは、いわば人間の第一印象のようなものです。

書籍でも内容をあらかじめ知っていない限り、タイトルが気になって内容を見るといった順序ですよね。

ブログ記事タイトルは、タイトルつけ方も重要で、気になってもらうにはいくつかコツがあります。

前半「感情表現」+「!」

  1. 「素人でも簡単!」「専門知識なしでもできた!」などと簡便性を出して魅力的に
  2. 「〜な方にオススメ!」「〜な人に必見!」などとオススメ感をだす
  3. 「知らないと損する!」「知らないと恥ずかしい!」など不安や危機感をあおる

後半「◯◯が」+「〜〜できるようになる」

  1. 「ブログ記事が書けるようになった」
  2. 「〜できなかった私が〜できるようになった」など、変化を語る

接尾語 → 〜の方法等の体言止めで締める

  1. 「方法」「秘訣とは」「秘密とは」といった気になるような体言止めで締める
  2. 「3つのポイント」「5選まとめ」などタイトルに数字を入れて具体性を出す

これらのコツを意識すると魅力的なタイトルをつけることができるようになります。

ちょうど、こんな事に困っていた。こんな情報が欲しかったと思わせるタイトル付けが大事だったりします。

もちろん、検索キーワードも意識した上でです。しかし、あまり意識しすぎるとかなり無機質です。

たとえ検索結果上にされたとしても、興味を惹きつけるタイトルでないとクリックされないかもしれません。

なぜなら、他の検索表示される記事たちは魅力的な記事タイトルをつけていることが大半です。というよりも、自分が検索する側だったらと仮定するとよくわかると思います。

なので、興味を惹くようなタイトル付けも意識したいところですね。

あと、タイトルと同じようにディスクリプションの質も重要です。

色々とタイトル付けの重要性を解説しましたが、まとめるといくら良質記事を書いてもクリックしてもらわないと意味がないので、タイトル付けを内容と同じくらいこだわってみてくださいね。ということです。

ユーザー目線で考えると、銀魂のタイトルのように共感できる要素があると思わずクリックしてしまいますよね。

編集後記

今回は「コツを知れば簡単!思わずクリックしたくなるタイトルを付ける5つのコツ」についてお伝えさせて頂きました。

いつも読んでいるブログの記事を参考にしつつ、タイトルに注目してみるのも新しい発見がありますよ。

はてなブログで、表示されているブログも参考になりますよ。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで