fbpx

商売を目的としたサイトを運営するなら有料のWordPressテーマがオススメ。

「WordPressのテーマでおすすめはありますか?」

よくお客さんに上記のような質問をいただく事が多いです。

今回の内容は、このようなお悩みを抱えているスモールビジネスオーナーに向けてお送りします。

結論、有料テーマ・マイナーでないテーマであれば何でも大丈夫

見出しの通り、有料テーマ・マイナーでないテーマであれば何でも大丈夫です。

強いて言うなら、以下の記事と記事内容の動画で紹介しているようなテーマですね。

ウェブ集客に特化したオススメWordPressテーマ2選

あとは、デザインの兼ね合いで選択して下さい。

自社のイメージに近いものですね。

CTA機能は、もちろんウェブ集客においてあった方がいいですが、「HelloBar」というウェブサービスも活用できるので、ないテーマは良くないという訳ではないです。

※「HelloBar」については以下の記事を参考にして下さい。

【専門知識は不要】サイトにCTAを設置できる「HelloBar」の使い方

商売での利用で無料テーマは避けた方が無難

ただ、一点だけ避けた方が良いことで無料テーマは使わない方がいいです。

これは、スモールビジネスオーナーに向けて発信している内容だからです。

ブロガーを目指している方であれば、まだ理解できますが。

無料テーマのデザインはシンプルすぎる

無料のテーマで良いものだと、「Cocoon」や「STINGER」や「Xeory」が有名ですね。

確かにこれらのWordPressテーマは無料なのに、とても優秀なテーマで、「Cocoon」に至っては機能も豊富です。

しかし、個人でブログとして発信していくならまだしも、デザイン面が少しシンプルすぎるので、本格的な商売としての利用は避けた方がいいです。

個人で無料テーマを使って情報発信しているブロガーも、プログラミング言語に精通している方は、結構カスタマイズしています。

カスタマイズするくらいなら、はじめから有料テーマの方がいい

過去に無料の「STINGER」テーマを使っていたお客さんがいましたが、おそらく業者にお願いしたんでしょうけど、がっつりカスタマイズしていました。

そこまでするくらいなら、はじめから有料テーマを使った方がいいです。

機能面だけなくサポート面も充実しているという点やデザイン面がシンプルながらも寂しさを感じさせないような、デザインになっています。

デザインがしょぼかったら、コンテンツを読んでもらえない

もしも、あなたのウェブサイトのデザインが少し古かったり、味気ないデザインだったとしたら、アクセスしたユーザーがすぐにページを閉じてしまうかもしれません。

あなたの情報がいかに有益なものだったとしても、ユーザーがページからすぐに離脱してしまったら、すごくもったいないですよね。

また、同じ情報だったとしても、ウェブサイトのデザインが良い方を優先的に読みたくなります。

デザインが良い方が読みやすいというのも手伝いますし、もっと単純に見た目が良い方が良いに決まっているからです。

実はデザインもSEOに影響している?

あまり知られていないですが、ウェブサイトのデザインもSEOに影響しています。

SEOには、サイトへの滞在時間が長い方が評価されやすいです。

なので、ページに訪れたユーザーがすぐにサイトやページから離脱してしまっては、滞在時間がおのずと少なくなりますよね。

これは、タイトルにキーワードを含ませつつ魅力的にするとか、見出し・内容にキーワードまたは共起語を含ませるとか、といったSEO対策とは少し性質が違いますが、結構大事です。

ユーザーの目は肥えてきている

特に最近のユーザーは、スマホからいくつものサイトを見ているので目が肥えています。

サイト自体がダサいと思った段階で、ブログ記事を読む気が失せてしまいます。

しかも、スマホユーザーが増えているので、横スライドで簡単に離脱出来てしまいます。

サイトを閲覧する側のネットリテラシーも高まっている事をしっかりと理解するべきです。

シンプルにサイトから離脱を防ぐ為にも、WordPressテーマは有料のものを使った方がいいという訳です。

有料テーマを選択するメリット

有料テーマを選択するメリットは以下の通りです。

  • テーマのデザインがカスタマイズの必要がないほど高デザイン
  • SEO対策が既にされている
  • 有料なので、サポートが充実している
  • 有名どころであれば設定内容が詳しく解説された公式サイトがある
  • スマホ表示にも完全に対応している
  • 導入事例が豊富…etc

など、ザッと挙げるだけでこれだけのメリットがあります。

WordPressを導入したばかりの段階でしたらデザイン面で余計な事を気にせずに、記事を更新する事に集中できるというのが最大のメリットです。

有料テーマはプロがデザインしている

デザインについては、奥が深いです。

フォント、文字の行間、配色といった僅かな違いで印象がガラッと変わってしまいます。

これをテーマの根本から変更するには、HTMLやCSSの知識が不可欠です。

これを、その道のプロであるウェブデザイナーが作成して、WordPressユーザーに提供しているのがWordPressテーマな訳です。

有料テーマはサポート・マニュアルが充実している

もちろん有料テーマでも、サイトのカスタマイズは必要です。

ですが、カスタマイズは管理画面から出来きます。

特に難しくありません。

慣れでどうにかなる範疇です。

しかも、有料テーマの場合、サポートやマニュアルが充実していることが大半です。

このような、サポートの充実により操作面までも補えることが出来ます。

【注意点】結局はサイト内のコンテンツが全て

WordPressテーマで迷ってほしくない訳は、結局の所、サイトのコンテンツが全てだからです。

いくらデザインが良くても、更新されていないブログ記事、充実していない会社概要やプロフィールページ…etcでは、、存在意義がないです。

この記事では、デザインに焦点をあてて解説しましたが、コンテンツ有りきなのが前提です。

デザインとコンテンツは、セットでどちらかが欠けていてはダメなんですね。

編集後記

今回は、「商売を目的としたサイトを運営するなら有料のWordPressテーマがオススメ。」についてお伝えさせて頂きました。

本格的な商売を目的としたメディアを運営したい場合は、お金を惜しまずに有料テーマにした方が

  • デザイン面
  • サポート面
  • 機能面

でいいという事ですね。

どんなに高くても、1〜3万円で本格的なデザインでサイトを構築でき、さらに自分でもある程度のカスタマイズが管理画面上で出来てしまうのを考えると、導入しない手はありません。

音声

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで