fbpx
メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。スモールビジネスオーナーに向けて、ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、安定した継続的な収入源を確保する方法…etc。悔いの無い生涯を謳歌する為の、鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

『デジタルコンテンツの作り方 & オンライン講座』攻略セミナー

2024年6月21日(金)※締切

【開催日程】
・2023年05月10日(水)※残席4

セミナーのご案内

今すぐ申し込む

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

「コストを最小限にして、事業の収入の柱を増やしたい!」

もしあなたが、そう思っているのなら、今回の内容は、とても大切になります。

  1. 新規集客が難しい…
  2. 単価を上げるのが難しい…
  3. 他社との差別化が難しい…

スモールビジネスオーナーであれば、 日々このような悩みを抱えているでしょう。

申し遅れました

スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

知識や技術を提供するスモールビジネスオーナー(コンサルタント・士業・治療院・教室・サロンなど)に向けて、セミナーやワークショップの開催、オンライン講座・スクール・サポートを提供しています。

さて、冒頭の悩み。

ウェブ上で、よく行う対策として、

  1. ブログを書く
  2. SNSで情報発信する
  3. YouTubeに動画を投稿する
  4. …etc

などが挙げられます。

問題は、ゴール

もちろん、どれも重要なことですし、おろそかにはできません。

ただ1つ、これらの対策には、大きな問題があります。

その問題とは、ゴールです。

ブログやSNS、YouTubeをいくらがんばっても、結局ゴールは、

  • 「今売っている、既存の商品・サービスへの集客」

です。

商品・サービスに、拡張性はありますか?

一度、考えてみてください。

その商品・サービスに、拡張性はありますか?

つまり、労務・数量・人数といったものに、限界が無い商品ですか?

もし答えがイエスの場合は、今後も商売は、うまく進んでいくでしょう。

でも万が一、、、

最終的なゴールが「限界のある商品・サービス」

今、扱っている商品・サービスに、

  1. 人数や数量の限界がある…
  2. 自分の労務提供に限界がある…
  3. 売れば売るほど忙しくなる…

といった場合は、考え直す必要があるかもしれません。

あらゆる手段を使って、情報発信をしたとしましょう。

でも最終的なゴールが、「限界のある商品・サービス」だと、非常にもったいないのです。

キャパが20人の会場に100人の申し込みが来たら…

たとえば、キャパが、20人のイベント会場があるとしましょう。

にも関わらず、100人の申込みがあったら、どうなるでしょうか?

80人は、断るしかありませんよね。

80人、余ってしまいます。

この80人を、「もったいない」と思うのは、ごく自然なことだと思います。

「限界の無い商品・サービス」も持っておきたい

できれば、限界の無い商品・サービス「も」、持っておきたいものです。

特定の立場や、何かしらのプライドが無い限り、否定しようの無い事実ではないでしょうか。

では、どうすれば良いのか。

答えは、シンプルです。

デジタルコンテンツを、作りましょう。

デジタルコンテンツとは

デジタルコンテンツは、

  1. テキスト(PDF)
  2. 音声(MP3)
  3. 動画(MP4)

といった、コンテンツのことです。

デジタルデータなので、複製やコンテンツのアップデートも、労力いらずです。

労務・数量・人数といったものに、限界が無い。

そして、こういったコンテンツを、販売する人が増えてきています。

良い時代

良い時代に、なりましたね。

技術が進歩したおかげで、「限界の無い商品・サービス」を持てるようになりました。

考えてみてください。

一昔前は、デジタルコンテンツが、存在していませんでした。

そんな時代に、「限界の無い商品・サービス」を持とうと思ったら、大変です。

(というか、不可能ではないでしょうか?)

デジタルコンテンツを作れば良い

でも今は、「限界の無い商品・サービス」を持てます。

デジタルコンテンツを作れば、良いのです。

デジタルコンテンツであれば、労務・数量・人数といったものに限界が無い。

この時代に、デジタルコンテンツを作らない手は、ありません。

デジタルコンテンツのメリット

いくら売っても、手間が変わらないのが、デジタルコンテンツの魅力です。

まさに、「拡張性がある」「限界の無い」商品ですね。

限界のある商品だけでなく、限界の無いデジタルコンテンツ「も」持っておきたい。

デジタルコンテンツには、拡張性以外にも、たくさんのメリットがあります。

ある生徒さんからの実践報告にあった話が、分かりやすいので、取り上げますね。

あるセミナー講師の話

その人は、セミナーを中心に事業を組み立てていました。

5,000円のセミナーを開催して、次に個別契約を結んでもらうというモデルです。

5,000円のセミナーには、10人が参加し、個別契約には、そこから3人が進みました。

悪くない結果ですね。

さて、ここで問題です。

売上は、いくらですか?

個別契約の売上は置いておいて、セミナー開催当日時点での売上は、いくらでしょうか?

5,000円×10人だから、50,000円でしょ?

当然、そう思いますよね。

でも、この人は違いました。

デジタルコンテンツを販売

セミナー後のフォローメールで、デジタルコンテンツを販売したのです。

その価格が、1万円でした。

10人のうち、4人が購入し、40,000円の追加の売上が立ちました。

50,000円+40,000円=90,000円の売上です。

やらない手は無いと思うのですが、どうでしょう?

これも、デジタルコンテンツの魅力ですね。

デジタルコンテンツを案内することで、単価がアップする。

しかも、労務・数量・人数といったものに、限界が無い。

これは、「やらない手は無い」と思うのですが、どうでしょうか?

デジタルコンテンツの作り方の手順

今後の流れを見ても、デジタルコンテンツの需要が高まることは、確実でしょう。

特定の立場や、何かしらのプライドが無い限り、否定しようの無い事実ではないでしょうか。

ではどのように、デジタルコンテンツを作れば良いのでしょうか?

手順は、大きく5つに分けられます。

1.ターゲットを決める

まずは、ターゲットを誰にするかを決めます。

ターゲット設定の重要性は、おそらくご存知のことと思います。

ですので、深くは触れません。

「この人なら、間違いなく欲しがるだろう」

という、理想のお客さんを決めます。

2.テーマの決定

次に、テーマを決めます。

これは、ほとんどの場合、自分の事業に関連したものになりますね。

  1. 整体師であれば、「腰痛改善エクササイズ」
  2. 美容師であれば、「髪のお手入れ方法」
  3. パン教室であれば、「自宅で作るパンレシピ」
  4. …etc

というように、コンテンツテーマは、いくらでもあります。

3.フォーマットの決定

そして、提供する、フォーマットを決めます。

主には、

  1. テキスト(PDF)
  2. 音声(MP3)
  3. 動画(MP4)

から選びます。

ターゲットの属性に合わせて、フォーマットを選択すると良いですね。

4.セールスオファーの設計

ただし、デジタルコンテンツは、作っただけでは、売れません。

きちんと、売れるような見せ方をする必要があります。

デジタルコンテンツを届けたい人に、刺さるセールスオファーを考えます。

特に、ベネフィットは、重要です。

デジタルコンテンツを手に入れることで、どんな未来が手に入るかということを伝えます。

また、特典や保証を付けたり、キャンペーンによる、期間限定での値引き等も検討します。

5.販売の仕組み作り

いよいよ、販売です。

難しいことは考えず、まず売ってみることが肝心です。

とはいえ、「そんな簡単には、売れない」というのも事実です。

きちんと、売れるように設計しなければなりません。

ブログやメルマガ、ランディングページ等と組み合わせて販売するのが、理想的です。

もし、自社で販売の仕組みを持っていない場合。

ネットショップ作成サービスを利用するのも、手です。

注:販売がゴールではありません

デジタルコンテンツが売れることは、もちろん良いことです。

ですが、「戦略ありき」で、いきたいですね。

  1. 購入者に対して、次に何を提案するか?
  2. 類似のデジタルコンテンツを、再案内できないか?
  3. バックエンド商品の案内は、いつするのか?

販売後のフォロー体制も、考えておくこと。

購入者を、放っておいてはいけません。

デジタルコンテンツを、最大限に活用するために

何かしらの商品を購入したお客さんは、超良質な見込客です。

新たに新規客を追うよりも、圧倒的に営業がしやすい。

デジタルコンテンツを、最大限に活用する。

そのためにも、「売った後」のことも考えておきたいですね。

デジタルコンテンツを作ろう

あなたの中にある専門知識を、コンテンツにして、困っている人に届けてみてください。

とはいえ、よくある手段としてあげられる本の出版。

この、「本を出版する」というハードルは、少し高く感じられますね。

でも、デジタルコンテンツであれば、ハードル低く、始められます。

ぜひ、実践してみてください。

・・・

・・・

とはいえ、なかなか実践できないこともあるでしょう。

ご安心ください。

今回、「デジタルコンテンツ」攻略セミナーを開催します。

『デジタルコンテンツの作り方 & オンライン講座』

このは屋
このは屋
それでは、セミナープログラムをご紹介しましょう。

スモールビジネスのための、

  • 「デジタルコンテンツの作り方」
  • 「オンライン講座の作り方」

を、攻略するセミナーです。

その内容を、ご覧ください。

こんな悩み、モヤモヤないですか?

  1. 売上の柱を増やしたいけど、どうやって商品・サービスを考えれば良いんだろう…
  2. 売れば売るほど忙しくなってしまい、キャパの限界だ…
  3. 自分の専門知識をもっと多くの人に届けたいんだけどな…

いまのサービスをより多くの人に届ける

  1. ブログを書く
  2. Youtube動画配信
  3. セミナー開催
  4. SNS投稿
  5. メルマガ配信
  6. リスティング広告

お客さんは集まっているのに、困っている?

  1. ある日のお客さんとのやり取り
  2. 「お客さんは集められるようになりました。」
  3. 「でもね、忙しすぎてキャパの限界を感じてます…」
  4. 売れば売るほど、忙しくなる
  5. お客さんは集まっているのに、困っている?

なぜ限界が来るのか?

  1. 最終ゴールが同じ
  2. とにかく集客して、売上を上げること
  3. 「いまある商品」を売ることにフォーカス

限界がくる商品・サービスを一生懸命売ってしまっている

  1. 自分が動く必要がある(労務提供)
  2. 限界がくるものを売ると…
  3. 売上が頭打ちになってしまう・・・
  4. 売るモチベーションが下がる・・・

集客のテクニックではなく「売るもの」を変える

  1. 労務提供から、、、
  2. コスト、手間のかからない商品
  3. デジタルコンテンツ
  4. 超重要キーワードは、「拡張性」

よくある間違い

  1. 自分が動けば、売上が上がるけど…
  2. 自分が動かなければ、売上は下がる
  3. 「客数=忙しさ」

売るものを変えて拡張性を上げる

  1. 「売れば売るほど忙しい」ではなく
  2. いくら売っても、労務負担は変わらない
  3. 時間に余裕が生まれるので、次に進める

「拡張性があるか」テスト

  1. いまの商品を1週間で1,000人に売っても大丈夫?
  2. 売上を上げるとしたら、「働く時間を増やす」以外にどんな手段が挙げられる?
  3. あなたが動けなくなっても、入ってくる収入源は最低2つ以上ある?

デジタルコンテンツの種類

  1. ビデオ
  2. オーディオ
  3. 電子書籍
  4. ウェブセミナー
  5. 会員制サイト
  6. プログラム

ネット、スマホでは何をする?

  1. 記事を読む
  2. SNS投稿を見る
  3. 動画を視聴する
  4. コンテンツを見る
  5. デジタルコンテンツが求められている

デジタルコンテンツを持つメリット

  1. いくら売っても忙しくならない
  2. あなたが動く必要はない
  3. 仕入れ、原価が無いため収益性が高い
  4. 在庫を抱えないため、フレキシブルな対応
  5. コンテンツ制作者としてハクが付き、信用に繋がる

デジタル商品の作り方5ステップ

  1. ターゲットの設定
  2. テーマの決定
  3. デジタルコンテンツ制作
  4. セールスオファーの設計
  5. 販売の仕組み作り

デジタルコンテンツのバリエーション

  1. フリーモデル
  2. 低価格帯モデル
  3. 中価格帯モデル
  4. 高価格帯モデル
  5. 継続課金モデル

やってはいけない3つの過ち

  1. 魅力的なオファーではない
  2. 安いコンテンツを販売する
  3. 売りっぱなしにする(連鎖性)
このは屋
このは屋
また、このは屋では、スモールビジネスのネット集客やオンラインでの商売(DX化)についてのセミナーやワークショップを多数開催しています。それらにご参加頂いた方々のお声をご紹介します。参考にしてみてください。

Facebookコメント

(あくまでも個人の感想であり、成果を保証するものではありません。)

このは屋が開催するセミナー・ワークショップ参加者の声

(あくまでも個人の感想であり、成果を保証するものではありません。)

このは屋のセミナー・ワークショップに参加した方々の感想

(あくまでも個人の感想であり、成果を保証するものではありません。)

オンラインセミナー・ワークショップの様子

このは屋が開催するセミナー・ワークショップの様子

オフラインセミナーも開催しています。(オフラインセミナーの次回の日程は未定です。)

プロフィール

このは屋(スモールビジネス特化の学び舎)

スモールビジネス特化の学び舎。スモールビジネスオーナーに向けて、ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、安定した継続的な収入源を確保する方法…etc。悔いの無い生涯を謳歌する為の、鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

なぜ今回セミナーを開催することにしたのか?

なぜ、セミナーを開催することにしたのか。

それは、このは屋では、人々に、「悔いの無い生涯を謳歌してもらうこと」を理念としているからです。

ネット集客の導線作り、オンラインでの商売の仕組み作り等は、その手段に過ぎません。我々は、商売には、4つの段階があると考えています。

(1)ネットから集客できるようになること。(2)オンラインで商売できるようになること。(3)労働集約型から知識集約型へ移行すること。(4)安定した継続的な収入源を確保すること。

(1)から(4)までを実践することで、「お金」と「時間」の余裕が生まれます。その空いた余裕で、ご自身の趣味や好きなことをする時間。ご家族やパートナーと過ごす時間を増やし、「悔いの無い生涯を謳歌してもらいたい」と考えています。

「鼻歌まじりの商売」で、「鼻歌まじりの生涯」を謳歌する。「鼻歌商売」で、「鼻歌生涯」です。

今回のご案内は、そんなあなたの商売繁盛。ひいては、「悔いの無い生涯を謳歌すること」の、お役に立てるものである、と信じています。

参加特典

このは屋
このは屋
参加頂いた方には、以下の特典をプレゼントします。

特典1:ネット集客の基本動画講座

ネット集客の基本動画講座をプレゼントします。

ネット集客の基礎知識や集客導線の設計方法。実際の集客シミュレーション。また、その裏側。初心者がよくやりがちなネット集客の間違い。など、スモールビジネスが知っておきたいネット集客の基本講座です。

特典2:各種テンプレート・シート

各種テンプレート・シートをプレゼントします。

このは屋で実際に今も使用しているテンプレート・シートです。また、会員さんや生徒さんも実際に活用しているものです。

テンプレート・シートはプレゼントするセミナースライド資料の中に含まれていますので、セミナーコンテンツと共に復習することができます。

特典3:セミナースライド資料

セミナーのスライド資料をプレゼントします。

当日メモするノートなどと共にセミナーの復習にご活用ください。セミナー参加後、メールにてスライド資料をあなたのメールアドレス宛にお送りします。

参加費用について

頭打ちの売上や、集客の悩みから解放されたい。

デジタルコンテンツは、拡張性のある商品・サービスです。

「動かないと稼げない…」などと、頭を抱える必要もありません。

得られる利益を考えれば、参加費用は「10万円」「20万円」あるいは、「50万円」でも決して高くはないでしょう。

ですが、このセミナーの参加費用は「9,980円」にしたいと思います。

【参加費用】
9,980円

ただ、今回は特別に、5千円割引の「1,000円」でご参加頂けるようにします。

【特別価格】
9,980円→1,000円

お申込みはこちらから

このは屋
このは屋
下記フォームに必要事項を入力して、参加費(9,980円→1,000円)をお支払いください。お支払の確認後、詳細についてのご案内をお送りします。

【開催概要】

  1. 日程:※下記申込みフォーム参照
  2. 時間:14時00分〜17時00分
  3. 料金:9,980円 → 1,000円
  4. 定員:先着8名まで
  5. 場所:オンライン(Zoom)


※「@icloud.com,@me.com,@mac.com等のアドレス」及び「携帯アドレス」は、メールが届きません。できれば、「Gmailアドレス」をご登録ください。なければ、「パソコンのアドレス」をご登録ください。また、手入力による、入力間違いが少なくありません。極力、メールソフトや連絡帳、メモ帳などから、メールアドレスをコピー&ペーストし、確認の上、送信してください。また、同業者の方の申込みは、ご遠慮ください。副業をしている場合、その副業を、本業にしていく気持ちがある場合は、お申込ください。

よくある質問

このは屋
このは屋
よくある質問に、お答えします。

支払方法は、どのようなものがありますか?

PayPalを通して、クレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners、銀聯(UnionPay))、デビットカード(Visaデビットなど国際ブランドがついたもの)、銀行口座(ご利用可能な銀行は、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行・埼玉りそな銀行)からお支払い頂けます。カード情報や銀行口座情報はPayPalが保護し、当方には伝わりませんので、ご安心ください。

パソコン初心者ですが、大丈夫でしょうか?

検索エンジンを使って検索したことがない場合やメールをパソコンで送受信したことがない場合は、ついていけないかもしれません。反対に上記が問題なくできるのであれば、十分に有意義なお時間になるかと思います。

どんな業種に向いていますか?

スモールビジネスの方であれば、どんな方でも対象です。原理原則は一緒ですので、どんな業種でもご活用頂けます。

地方に住んでいますが問題はありませんか?

はい。全く問題はありません。セミナーはオンライン上で開催しますので、ネットが繋がる環境であれば問題ありません。

キャンセルした場合、返金してもらえますか?

お申し込み頂いた時点で席を確保しています。定員のあるセミナーという商品の性質上、いかなる場合も、返金や日程振替には一切対応していません。

カメラやマイクは、「オン」にする必要がありますか?

セミナーでは、グループワークがあります。カメラ・マイクを「オン」にできない場合は、お申込みをご遠慮ください。当日、カメラ・マイクを「オン」にして頂けない場合は、他の参加者のご迷惑となるため、参加をお断りさせて頂きます。その際も、参加費用は返金致しませんので、あらかじめご了承ください。

セミナー動画の配布はありますか?

ありません。今回ご案内しているのは、動画ではなく、当日参加型のセミナーになります。

セミナーは録画できますか?

できません。今回ご案内しているのは、動画ではなく、当日参加型のセミナーになります。

追伸

このは屋
このは屋
ここまで、お読み頂き、ありがとうございます。

もしかすると、いきなりここを読んでいるかもしれませんね。

私も、そのタイプです。

上から読んでも、ここから読んでも、理解できる。

そのように、お伝えさせて頂いたことを、まとめさせて頂きますね。

『デジタルコンテンツの作り方 & オンライン講座』

今回、

スモールビジネスの「デジタルコンテンツの作り方 & オンライン講座」攻略セミナー

を開催することになりました。

このセミナーでは、スモールビジネスの、

  • 「デジタルコンテンツの作り方」
  • 「オンライン講座の作り方」

をご紹介します。

セミナーは、先着順の受付となっています。

少しでも、「良さそうだな」と思ったのであれば、お早めにお申込みくださいね。

(席が、埋まってしまう前に)

「もう、あなたの手元に武器は、そろっています。」

最後になりますが、これだけをお伝えさせて頂いて、締めとさせてください。

「もう、あなたの手元に武器は、そろっています。」

あとは、それを使うだけです。

私たちは、あなたが武器を使うことに対して、手助けができると思います。

ここまでお読み頂き、ありがとうございます。

もし私たちのメッセージに共感して頂けたのであれば、ぜひ、セミナーにご参加ください。

あなたと、セミナーでお会いできることを、このは屋一同、楽しみにしています。

今すぐ参加する
9,980円→1,000円

今すぐ申し込む

(注意事項)
セミナーには定員があります。上限に達した時点で募集を打ち切ります。先着順となりますので、突然募集を打ち切る可能性があります。あらかじめご了承ください。気になる場合は決断を先延ばしにせずに、今、お申し込みください。