デジタルコンテンツの作り方攻略ウェブセミナー

ダイジェスト映像

スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

この無料ウェブセミナーに参加することであなたは、

  1. デジタルコンテンツの作り方5ステップ
  2. 「拡張性」のあるビジネスモデル・商品開発方法
  3. デジタルコンテンツを作る際にやってはいけない3つの間違い

など、スモールビジネスオーナーの為のデジタルコンテンツの作り方がわかります。

ぜひ、あなたの商売繁盛にご活用下さい。

こんな悩み、モヤモヤないですか?

  1. 売上の柱を増やしたいけど…
  2. どう商品・サービスを考えればいいのだろう…
  3. 売れば売るほど忙しくなってしまい、キャパの限界…
  4. 自分の専門知識をもっと多くの人に届けたいのに…

商品・サービスをより多くの人に届けるために

  1. ブログを書く?
  2. ユーチューブ動画を配信する?
  3. セミナーを開催する?
  4. ソーシャルメディアに投稿する?
  5. メールマガジンを配信する?
  6. リスティング広告・SNS広告を出す?

客数・客単価・リピート促進のマーケティングを実践

  1. 松竹梅価格設定
  2. チラシ配布
  3. DM送付
  4. ニュースレター
  5. 紹介依頼
  6. 割引券
  7. クーポン…etc

それぞれの施策の行き着く先

  1. 商品・サービスを買ってもらうこと
  2. 施術・マッサージ
  3. コンサルティング
  4. カウンセリング
  5. レッスン
  6. コーチング
  7. 雑貨・食品…etc

売れば売るほど、忙しくなるだって?

  1. 自分が動く必要がある(労務提供)
  2. 必ず、どこかで限界がくる
  3. 限界がくる商品・サービスを一生懸命売っている
  4. 売上が頭打ちになってしまう…
  5. 売るモチベーションが下がる…

集客のテクニックではなく「売るもの」を変える

  1. 労働集約型・労務提供もいいけど…
  2. コスト、手間のかからない商品も良い
  3. デジタルコンテンツが最適解の一つ

スモールビジネスのよくある間違い

  1. 最重要キーワードは「拡張性」
  2. 拡張性がないと…
  3. 拡張性があると…
  4. 自分が動けば、売上が上がる
  5. 自分が動かなければ、売上は下がる
  6. 「客数=忙しさ」の商売

売るものを変えて拡張性を上げれば?

  1. 「売れば売るほど忙しい」からの脱却
  2. いくら売っても、労務負担は変わらない
  3. 時間に余裕ができるので、次に進める

「拡張性があるか」のテスト

  1. いまの商品を1週間で1,000人に売っても大丈夫?
  2. 今の2倍稼ぐとしたら、「働く時間を増やす」以外にどんな手段が挙げられる?
  3. あなたが動けなくなったら、入ってくる収入源は最低2つ以上ある?

デジタルコンテンツを持つメリット

  1. いくら売っても忙しくならない
  2. あなたが動かなくてもずっと売れ続ける
  3. 仕入れ、原価が無いため収益性が非常に高い
  4. 在庫を抱えないため、フレキシブルに対応できる
  5. コンテンツの作成者として箔が付き、信用に繋がる

ちょっとだけ考えてみてください

  1. 今までよりも労務を減らして売上が伸びたらどうですか?
  2. 自分が動かずとも、商品が売れていく仕組みを1年以内に作れたらどうですか?
  3. 困っている人に、自分の専門的な情報をシェアして喜んでもらえたらどうですか?


以下のフォームにメールアドレスを入力して、送信してください。