fbpx

文章、話、情報発信。「うまく」ある必要はない。「らしく」あれ。

「なんか、小手先で、うまくやろうとしてるよな。」

学生の頃、お世話になっていた野球用品専門店の藤田さん(仮称)に言われた。

藤田さんは、大の野球好き。(いわゆる、「野球バカ」)

休日になると、私が所属していた野球部の練習試合や大会を見に来ていた。

名物おじさん

何年間にも渡って顔を出している、名物おじさんだ。

当然、私のことも入部したときから知っている。

そんな藤田さんに、あるとき言われたのが冒頭のセリフである。

「なんか、小手先で、うまくやろうとしてるよな。」

「がむしゃら」から「スマート」へ

がむしゃらになって、わき目もふらず、必死にやっていた最低学年の頃。

「いい動きしてるな。その思い切りの良さがいいよ。」

ことあるごとに褒めてもらっていた。

いつしか最高学年になり、先輩もいなくなって、余裕が出始めた。

がむしゃらにやるよりも、スマートにやろうとしていた。

いい結果が出ない…

  • 思い切り振らないで、ちょこんと当てるバッティング
  • 体を張って打球を止めないで、グラブでさばこうとする
  • …etc

案の定、いい結果を出せずにいた。

そんな私の姿を見かねたのが、藤田さん。

藤田さんの言葉

  • 「なんか、小手先で、うまくやろうとしてるよな。」
  • 「前みたいに、思い切り良くバットを振れよ。」
  • 「グラブで捕れないなら、体を張って止めろよ。」

「うまくやろうとするな。らしくやれ。」

厳しくも親身になって、言葉をかけてくれた。

変化した意識

以来、「思い切り良くやろう」「らしくやろう」と意識が変化。

選抜に選ばれたり、優勝できたりと良い結果を残すことができた。

藤田さんの言葉がきっかけになったのは、間違いない。

「うまくやろうとするな。らしくやれ。」

いつも、思い返す

今もついつい、スマートにやろうとしてしまうときがある。

そんなときはいつも、このときの藤田さんの言葉を思い返すようにしている。

「うまくやろうとするな。らしくやれ。」

思い返すのは、自分自身のときだけではない。

思い返すとき

  • ブログやメルマガで、うまく文章を書くことができません…。
  • ユーチューブやポッドキャストで、うまく話すことができません…。
  • 情報を発信するといっても、うまく発信することができません…。

生徒さんや会員さんから、よく相談を受ける。

この相談を受けたら、藤田さんの言葉を思い返す。

「うまくやろうとするな。らしくやれ。」

「うまく」ではなく、「らしく」

  • ブログやメルマガで、うまく文章を書く必要はない。
  • ユーチューブやポッドキャストで、うまく話す必要はない。
  • 情報を発信するといっても、うまく発信する必要はない。

一生懸命、考えるべきなのは、「うまく」ではなく、「らしく」である。

  • どうすれば、「うまく」できるかを、一生懸命、考えるのではない。
  • どうすれば、「らしく」できるかを、一生懸命、考えるのである。

「うまく」はないが、「らしく」発信

ウチも引き続き、「うまく」はないが、「らしく」発信していく。

  • 足ることを知る
  • 分をわきまえる
  • …etc

「和」の世界観を大切にして、「らしく」発信していく。

あなたの、「らしさ」とは?

「うまくやろうとするな。らしくやれ。」

  • ブログやメルマガで、うまく文章を書く必要はない。
  • ユーチューブやポッドキャストで、うまく話す必要はない。
  • 情報を発信するといっても、うまく発信する必要はない。

一生懸命、考えるべきなのは、「うまく」ではなく、「らしく」である。

  • どうすれば、「うまく」できるかを、一生懸命、考えるのではない。
  • どうすれば、「らしく」できるかを、一生懸命、考えるのである。

あなたの、「らしさ」とは、何だろうか。

「うまく」ある必要はない。「らしく」あろう。

インフォグラフィック

インフォグラフィック

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで