fbpx

お客さんより先にこちらが飽きる?十分数字(満足数字)を決めておこう

日々、広告の管理・運用をしていると、成果が出なくなるときがある。

そんなときは、どのように対処するのが最善といえるだろうか。

あなたであれば、どうするか。

一緒に、考えてみてほしい。

なにが最善?

  1. キャッチコピーを変更する
  2. オファー内容を変更する
  3. 掲載事例を変更する
  4. ターゲットの絞り込みを変更する
  5. セールスコピーの構成を変更する
  6. お客様の声を変更する
  7. クリエイティブ画像を変更する
  8. …etc

打てる手は、いくらでもある。

一体、なにをするのが、最善といえるだろうか。

実際にあった話

ウチの、フェイスブック広告の話。

成果の出ていた広告が、あるときから、ウンともスンともいわなくなった。

管理・運用をして、絶え間なく、修正を繰り返していたにも関わらず。

  1. キャッチコピー
  2. オファー内容
  3. 掲載事例
  4. ターゲットの絞り込み
  5. セールスコピーの構成
  6. お客様の声
  7. クリエイティブ画像
  8. …etc

もちろん、打てる手は、すべて打っていた。

それなのに、成果が出ない。

なぜ…

なにをした?

ところが、あることをした途端、成果が出るようになった。

それまで、なにをしても成果が出なかったのに。

一体、なにをしたと思うだろうか。

スモールビジネスオーナーのあなたは、どう考えるだろうか。

やったこと

もとに戻した。

これだけである。

正確には、「最も成果の出ていた状態」に戻した。

  1. キャッチコピー
  2. オファー内容
  3. 掲載事例
  4. ターゲットの絞り込み
  5. セールスコピーの構成
  6. お客様の声
  7. クリエイティブ画像
  8. …etc

すべてを、「最も成果の出ていた状態」に戻した。

これだけである。

もとに戻すこと

結局のところ、コレが一番早い。

今回の件に、限らない。

  1. DM
  2. セールスレター
  3. ランディングページ
  4. 広告
  5. セミナー
  6. …etc

色々イジって、成果が出なくなったとき。

そんなときは、もとに戻すこと。

結局のところ、コレが一番早い。

なぜ、変えてしまうのか

そもそも、なぜ変えてしまうのか。

成果が出ているにも関わらず、なぜイジってしまうのか。

それは、「十分数字(満足数字)」を決めていないからである。

だから、「もっと、もっと」と、修正を繰り返してしまう。

成果が上がるならいいけど…

もちろん、それで成果がドンドンと、上がるならいいかもしれない。

でも実際は、なかなかそんなことは起こらない。

ある程度のところまでいったら、上がったり下がったりを繰り返すようになる。

それが普通であり、正常であり、健全であり、自然である。

ここで、「十分数字(満足数字)」を決めておかないと、右往左往することになる。

次のステージへ

ずっと同じステージで、足踏みをしていたいなら、それでもいい。

だが、他にもやりたいことがあるなら、さっさと次のステージへいこう。

分をわきまえて、かつ、足るを知ること。

「十分数字(満足数字)」をクリアしたなら、それ以上は、いじらなくていい。

次の取り組みに移ろう。

でないと、いつまで経っても、積み上がらない。

お客さんより、先にこちらが飽きる

  1. DM
  2. セールスレター
  3. ランディングページ
  4. 広告
  5. セミナー
  6. …etc

お客さんより、先にこちらが飽きてしまう。

うまくいくまでは、修正を繰り返したほうがいい。

だが、うまくいっているなら、変えなくていい。

うまくいっているのに変えるのは、基準がないからだ。

基準がなければ、完璧主義者じゃなくても、際限がない。

十分数字(満足数字)

十分数字(満足数字)は、基準である。

これを決めておくことで、同様の事態を防ぐことができる。

  1. DM
  2. セールスレター
  3. ランディングページ
  4. 広告
  5. セミナー
  6. …etc

あなたは、十分数字(満足数字)を決めているだろうか。

もし決めていないなら、決めておこう。

インフォグラフィック

インフォグラフィック