iPhoneアプリを別のデバイスに自動ダウンロードしないようにする方法

iPhoneを複数、もしくはiPod、iPadを持っている場合、1つのデバイスにアプリをダウンロードすると、他のデバイスにも自動でアプリが入ってしまうことありますよね。

便利な時は便利ですが、時に困ることもあります。

そこで今回は、「iPhoneアプリを別のデバイスに自動ダウンロードしないようにする方法」をご紹介します。

「App Store」の設定を行う

自動でダウンロードさせたくないデバイス側で設定を行います。

  1. 「設定」をタップし
  2. 「iTunesとApp Store」を選択
  3. 「App」のチェックマークを無効にする

この手順を行うことで、そのデバイスには自動ダウンロードされません。

アプリをメモリを消耗するので最低限がおすすめ

アプリは容量を圧迫します。

ですので、必要な時にダウンロードするのがいいですね。

上記の設定で自動ダウンロードは防いでおいたほうが、スマホの容量の心配もなくなります。

編集後記

今回は、「iPhoneアプリを別のデバイスに自動ダウンロードしないようにする方法」についてご紹介しました。

これで勝手に別のデバイスにダウンロードされてしまうことを防ぐことができますね。

参考にしてみてください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで