大容量のデータを安全に送れる!ファイル転送サービスとは

データを送ろうとしたけど、容量がデカすぎて送れなかった、、、。

こんな経験をされたことってないでしょうか?

主に画像データや動画データを送った際にこんな状況になると思います。

そんな大容量データを受け渡しをウェブサービスを使い安全に転送することができます。

使い方は、ウェブサービス上にファイルをアップロードして、URLを取得するだけ。

そのURLを転送先に連絡するっといった流れです。

今回は「大容量のデータを安全に送れる!ファイル転送サービス」をご紹介します。

GigaFile便

GigaFile便」は、ファイル転送サービスの定番です。

最大50GBまでのファイルを送れて、アップロード後に最大7日間は保存してくれます。

また、パスワードを設定できる為、安全に転送することができます。

firestorage

firestorage」も、よく使用されている印象のサービスです。

最大250MBまでのデータを送れて、アップロード後に最大7日間は保存してくれますし、パスワードの設定も可能です。

無料でも十分に使えますが、有料にすることで機能が増えます。

誰がダウンロードページにアクセスしたかわかり、ダウンロードされたかも確認可能することができます。

BitSend

BitSend」は、送信サイズは無制限のサービスです。

ファイルのアップロード後、最大14日間まで保存可能で、こちらもパスワードを設定することができます。

SSLでデータを暗号化してから転送できます。これにより安全に転送できます。

編集後記

今回は、「大容量のデータを安全に送れる!ファイル転送サービス」についてご紹介しました。

会員登録不要、無料で使える、使い方を調べなくても利用可能なものをお伝えしました。

大容量なデータはメールで送る場合、はじかれてしまったり、転送自体に時間がかかったりします。

また、USBに入れて移動させるもの紛失が不安ですからね。

参考にしてみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで