最低限習得したい!ウェブ集客におけるITリテラシーとは?

「ウェブから集客できる仕組みを作りたいっ!」と考える方の為にサポートをしている訳ですが、その仕組み自体を作るのに、

  • ITリテラシーが高い方
  • ITリテラシーが最低限ある方
  • ITリテラシーが低い方

大きくこの3つのパターンにわかれます。

ウェブマーケティングという言葉の通り、ウェブをある程度は駆使しなくてはなりません。

その為、ITリテラシーがある程度ないとそもそものウェブの概要を掴むのに苦労し、仕組み作りの作業は難航してしまいます。

上記の2番目「ITリテラシーが最低限ある方」に当てはまる方は、自身ではPCが苦手だと言いつつも最低限のITリテラシーは持っていたのが現状でした。

その為、この自称PC苦手な人は、解説動画やチャットでのサポートを通して、自分で出来るようになることが多いです。

今回の内容は、この最低限のITリテラシーとはなんなのかをお伝えしていきたいと思います。

そもそもITリテラシーとは?

ITリテラシーとは、「情報技術(IT)を自分の目的に合わせて活用できる能力」と解説されていることが多いです。

コンピューターを使いこなす能力を「コンピューターリテラシー」、他にも「情報リテラシー」や「ネットリテラシー」といったものがあります。

私は以前、IT企業に勤めていました。その企業では、研修を行っていた訳で、サーバーやネットワーク、プログラミングの基礎について学びました。

この知識が最低限でもないと、現場に出た時に死活問題です。他にも、Excelを使えるのなんて、当たり前で暗黙の了解でした。

及ばないところは、先輩に聞いてカバーしましたが、質問するにしても最低限の知識がないと、どこがわからないのかもわからない状態になりかねないのでした。

なんで私のエンジニア時代の話をしたかというと、これってウェブから集客する仕組み作りを行う上でも同じことが言えて、研修で教え込まれたものや暗黙の了解であるExcelの操作のように、最低限のITリテラシーが必要になってくるからです。

冒頭でお伝えしたとおりではありますが、これがないとそもそものウェブの概要を掴むことが困難で、ウェブそのものを理解した上でのウェブマーケティングでないと、仕組み自体の構築が難しいからです。

最低限のITリテラシーがないとウェブ集客が困難

では、ウェブ集客を行うにあたり、最低限のITリテラシーってなんなのかというと、先程ちらっと説明した

  • コンピューターリテラシー
  • 情報リテラシー
  • ネットリテラシー

の中の「コンピューターリテラシー」です。

コンピューターリテラシーとは、インターネット・アプリケーション・コンピュータを目的に応じて活用できることです。

例えば、近年パソコンは一昔前よりも感覚的に操作することが出来る訳ですが、それを自分の業務により使いやすくカスタマイズしたりすることですね。

この設定方法がわからないのであれば、Googleで検索し、情報を得て、自分で設定したりといったことも、コンピューターリテラシーですね。

このコンピューターリテラシーが低いとなると、仮にウェブ集客の仕組みが整った場合でも、様々な問題が出てきます。

不具合が生じた場合の対応や、お問い合わせがきた時の対応が難しいです。お問い合わせは何も商品やサービスだけではありません。

「メールが届いてないです」といったお問い合わせも多いです。特に、システムを駆使して、セミナーやワークショップを運営している場合や、オンラインサロンを運営している場合、このお問い合わせが多いです。

この時に、アドレスをメーラーで検索したら見つかるのでは?迷惑メールボックスに入っているのでは?といった検討がつかないと対応することが難しいです。

ウェブを扱う以上、こういった類のお問い合わせは連日のようにくるのが現状です。

なんだかパソコンに慣れていない方からすると、難しそうに聞こえてしまうかもしれません。

しかし、これは一種の慣れであって、情報収集を習慣にしていく内に自然と出来るようになります。わからなかったら、すぐにググる(Googleで検索をすること)だと思います。

なので、他の「情報リテラシー」や「ネットリテラシー」といったリテラシーよりは、圧倒的に慣れでなんとかなります。

次章では、操作に関するコツについてもお伝えします。

ウェブツールのおかげで、現代はそこまでの理解は必要ない

PC操作は暗記ではなく、把握することがコツだと思います。

暗記と捉えて、操作のすべてを間違いなくできると考えていると、いつまでも苦手なままです。

なぜなら、私自身、実際に操作をしてみて違っていた、なんてことが非常に多いです。

実際に操作をしてみる→違った→別の方法を試してみる→設定できた。これを繰り返していくイメージで、1発で間違いもなく操作が出来るかというとそんなこともないです。

というより、これを繰り返していくうちに慣れてきて、感覚的に操作できるといったことが多いです。たとえ、間違っても別の方法に関して検討がついてくるんですね。

ここ最近のウェブツールは、直感的に使えるような仕様になっていて、より上記のような繰り返しで習得が簡単です。

ツールを作成するIT企業もユーザー目線になっているのが伺えます。

なので、最新のツールの動向を追っていればいるほど、得をするということです。人気なツールほどサービスは向上していきますからね。

それに、全ての機能を使う、覚えなくてはいけないという意識も、PCを苦手にさせます。最低限の機能だけで、問題ない訳です。

例えば、Adobeのフォトショップだって、多数の機能がありますが、実際に使う機能なんて限られています。

しかも、ウェブ上の操作・設定で間違えてしまって取り返しがつかないのって、ほとんどないです。

間違えてしまってめんどうな事は、サーバー会社とドメインの選定くらいでしょうか。

あとは、積極的に情報を得るようにして下さい。ある程度の理解度になると、息を吸う用にPCを操作でき、ウェブツールを扱えます。

そして、その際の肝はやはりGoogle検索による情報収集と書店に売っているような参考書だと思います。

Google検索は、どんな稚拙な質問もGoogleに聞ける訳ですし(しかも無料)、活用しない手はありません。

Google検索については以下の記事を参考にしてください。

基本的に情報はすべてGoogleにある!Google検索方法のコツ

Google検索の小技!「期間指定」で最新情報をチェック

PC操作に関する書籍」については、業務効率化やかなり初歩的なものまで幅広く売っています。これも活用したい手はありません。実際に手を動かして操作をしてみましょう。

PCの基本操作を覚えてくると、おのずとウェブサービスも難なく利用できるので、ウェブを自分で操作している感じがしてきて、楽しくなります。そうなると、ウェブマーケティングの実践も苦になくなってくます。

特にウェブは一回作ってそれで一件落着ということはないです。なぜなら、商品ごとにランディングページを用意する必要がありますし、リスト登録がない場合オプトインページも複数用意する必要があり、その都度変更する必要があるからです。

PCに苦手意識があるままだと、いつまでも外注先に丸投げで積極的に自分でやろうという意識がなくなり、外注し続けることになります。

なので、自分でウェブに興味を持つ、自分でウェブをある程度操作するといった感覚でいるということは、ウェブマーケティングのいろはを学ぶ以前に大切なことではないのでしょうか。

けれど、自分はPCが苦手だからと思った方、安心してください。

数年前は、家にPCやネットがないアナログな家庭に生まれて、25年間PCにろくに触れたことのない元工場員だった私でも今ではMacを使いこなし、PC操作を難なく出来ているのですから。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで