SEOは古い!検索キーワード選定・タイトル決め8つのポイント

集客するためにブログを書いている人は多いですよね。

うまく集客できていますか?

あなたはもしかすると、

「毎日書いているけど、アクセスが集まらない」
「自分の書いた記事が上位表示がされない」

と悩みを抱えているかもしれませんね。

ブログは集客に有効なメディアです。しかし使い方を間違えると、単に時間の浪費となってしまうメディアでもあります。

実はSEOは必要ない

これを聞くと驚くと思いますが、SEO対策にそこまで血眼に取り組まなくても大丈夫です。

SEOで上位表示されたとしてもそれは永遠ではありません。Googleのアルゴリズムによって変動があることも覚悟しておきましょう。

変動があるものに、多額のお金や時間を費やすのは少し勿体無い気がします。

それよりかは、不変の原則を押さえておいた方が将来性があります。

検索キーワードの正しい選び方はニッチな部分

大手企業であれば、多額の費用を投じて、広告を出したりできます。

でも、スモールビジネスの場合はそうはいきませんね。

であれば、ライバルが少ない戦い方をしなければなりません。

ニッチなキーワードを攻略するということです。

「ダイエット 方法」

というキーワードよりは、

「ダイエット 方法 産後 」
「ダイエット 方法 糖質制限」

といった、絞り込みは最低限の必要です。

ニッチキーワードの付け方が学べる本

とはいえ、自分の頭でひたすら考えるのは大変です。

そんな時は、

アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則

を参考にしてみてください。

こちらの本では、ニッチなキーワードを簡単に考えられる8つの法則が書かれています。

  • 願望
  • 悩み
  • 季節
  • ジャンル
  • ブランド、メーカー、商品
  • トレンド
  • 日付、型番
  • シチュエーション

といった8つのテーマから考えていくやり方です。

詳しくは、書籍を参考にしてみてください。

編集後記

いかにライバルの少ないキーワードを選ぶスキルを身につけることで、SEO競争に飲み込まれなくて済みます。

ニッチなキーワードほど、見込みの濃いお客さんが集まるということもメリットです。

ぜひ参考にされてみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで