5年経ってもうだつが上がらないスモールビジネスの7つの特徴

これまでだいたい3日に1回3人ずつ個別の面談を通して、3年間ほどで3240人以上のスモールビジネスオーナーとの対話を重ねてきました。

セミナーやワークショップの参加者を合わせれば、その数はもっと多くなります。

それらの時間を通してわかった『5年経っても、うだつが上がらないスモールビジネスオーナーの7つの特徴』を紹介します。

逆にこの7つの特徴に当てはまらない、または「これから改善しよう」という場合は、成果は約束されているといえますので、ご安心くださいね。

1.
常に「くれくれ」の姿勢

目の前に起こる出来事や出回る情報に対して、常に受け身の状態の人です。

自分自身の人生のハンドルを、自分以外の人に渡しているイメージですね。与えてもらうことを待っていて、自分から行動に移すことが苦手なタイプです。

これは、商売人にはあまり向かない気質です。相手方に求めすぎるということは、相手の時間を奪っていると同じことです。

  1. 「無料でもっと教えてよ」
  2. 「お金払ったんだから特別待遇してよ」

というように、半ば被害妄想に近い考え方を持っています。

商品・サービスを提供する商売人としてはあるまじきことです。必ず、その行いが次は自らに降り掛かってきます。そしてそれは、他人の時間を尊重していないとさえも言えます。

このようなタイプは、自分のハンドルを相手に委ねている状態なので、自分軸を持っていません。

そのため、短期間のうちに新たな情報に流れて、コロコロ考えが変わっていきます。結果、思うような成果が出ません。

2.
1年後とかに活用するための情報を集めたい

実践を伴わない情報収集をしてる人に多い傾向です。

  • 「とりあえず勉強しておく、いつか役立つだろう」
  • 「1年後とかに活用するための情報を集めたい」

という考えのもと、多くの勉強をします。

勉強することは素晴らしいことですが、多くの人が「知っている」だけで終ってしまいます。世に言われる”ノウハウコレクター”になってしまっているのが現状です。

今後は、より良質な情報が無料で手に入るようになりますし、言ってみれば情報は無限に出てきます。

その知識ばかりを追いかけていると、情報収集だけで幕は閉じてしまいます。知識に時間とお金を投資しても”コト”は進みません。

情報を自分で咀嚼して、編集し、実践部分にお金や時間を投資できなければ、いつまでも地に足の着かない状態になってしまう恐れがあります。

そもそも1年後のための知識なんて、結局使うかどうかわかりません。

3.
「でも」「だって」が口癖

このは屋では、こういった言葉を使った方には、レッドカードを出します。

それくらい、要注意なことなんです。

  1. 「でも」
  2. 「だって」

とい言葉を発する方とは、極力縁を切ってきました。

どうせなら、プラス発想の方とお付き合いしたいですからね。

  1. 「でも」
  2. 「だって」

という言葉の次には何が来るでしょうか?

ご名答。「やらない理由」になります。

やらなきゃいけないのは分かっているけど、できないという方の多くは、

  1. 「でも」
  2. 「だって」

が口癖です。自らの言葉により、行動を止めてしまっているんですね。

癖なので、一朝一夕には行きませんが、これらの口癖を続けることで直感力も鈍っていき、決断、判断のスピードも遅れていくので、決して無視はできないことです。

4.
自分のことなのに他の人に意見を求める

自分の決断を他人に頼るタイプです。

実際こういったタイプの方もたくさんいらっしゃいました。

自分のやりたいことなのに、自分で決められないと、事業の継続が危ういとさえ思ってしまいます。

特に多いのは、

  1. 奥さんに意見を求めるタイプ
  2. パートナーに意見を求めるタイプ

です。それぞれの家庭環境については分かりませんが、事業を行っている身としての責任は認識すべきでしょう。

自分で決断を下せば、責任もすべて自分で負うことができます。誰かに決断を手伝ってもらうと、完全に自分の責任とは言い切れなくなります。要するに、責任転嫁です。

それが多少の安堵に繋がるのかもしれません。しかし、いざという時の足かせになってしまうことも少なくありません。

5.
売上を上げるための投資をしない

多くの人は、

  1. お金がないからお金が欲しいんです。
  2. 時間がないから時間が欲しいんです。

常に手に入れたいことと現実は裏腹なんです。

ところが、うだつが上がらない人ほど、「今はお金がないからやめておく」という判断をします。

「悪い時にはスタートしない」という考えを持っているということですね。でも、このまま放っておいたらどうなるでしょうか?

このような人は、お金を稼ぐ必要があるんです。少なくとも、今は良い状態ではないからです。何か行動を起こさなければ状況は変わりません。

諸葛孔明の言葉に座して死を待つよりは、出て活路を見出さんとあります。何もしなければ、まさに死へ一直線ということです。

  1. やっても地獄
  2. やらなくても地獄

だったら、「やっても地獄」の方を選んだほうが、いいのではないでしょうか。

実は、今が最悪の状態の方が、必死になれます。

6.
消極的、「投資費用を回収できるかな~」

成果が出ない人の多いパターンは未来を憂うということです。

  1. 「これでなんとかしよう」
  2. 「やると決めたからやるんだ」

という気持ちよりも、心配の方が勝ってしまい、結局動けなくなってしまいます。

1度決めてしまえば、やるしかありません。しかしその決めるという行為がなかなかできないんですね。

この世の中に絶対的な方法はありません。どんなに高価格な情報や手法でも、100%大丈夫というものは存在しません。

であれば、うまくいくかな~と未来を憂う時間はできるだけ少なくした方が良いでしょう。それよりも、とにかく動いてみるということです。

決断をすると選択肢が狭まる気もしますが、実は決断をすると、選択肢が広まります。

これをやるって決めれば、その中で知恵を絞り工夫をしますよね。結果的に選択肢は広がっていくんです。

突破口は、積極的な決断しかありません。

7.
「それができりゃ苦労しない」にいつまでもすがる

これまで、沢山のウェブ集客についての相談を受けてきました。

その中で、

  1. 「まずこれくらいの売上を作ってから、、、」
  2. 「クラウドファンディングで資金集めしてから、、、」
  3. 「ある程度、軌道に乗ったら、、、」
  4. 「サイトにアクセスが集まったら、、、」

という理由で大切な行動ができない方も沢山見てきました。

その方たちの結果はどうだったか?そうです。今でも絶賛「◯◯できたら、やる」状態です。

これは大きな機会損失と言えます。なぜなら、それらの多くは「それができりゃ苦労しない」というパターンがほとんどだからです。

難しい負け戦の方に自ら進んでいるイメージです。

  1. そもそも、売上が上がったり、軌道に乗れば、目的達成ではないでしょうか?
  2. アクセスがそこそこ集まれば、OKなのではないでしょうか?
  3. そこまでが’難しいから、誰かに助けを求めたり、投資をしたりするのではないでしょうか?

理想論を言うことは簡単です。

ですが、実際問題それを実現するには高いハードルがあることも認識しておかなければなりません。

できるだけ早く確実に成果を出すために

さて、「自分のことだな〜」と思う特徴はありましたか?

自分に問いかけてみてください。なおこれらの特徴は、何も批判や軽蔑で列挙したものではありません。

既に売上を上げて、うまくいっているスモールビジネスオーナー達からすれば、今回の内容を、

  1. 「四の五の言わず、早くやれ」
  2. 「血尿が出るまで、働け」
  3. 「御託はいいから、とっととやれ」

と一言で片付けるかもしれません。

確かにそういうことなのかもしれませんが、そう簡単ではないことも私たちは心得ています。

スモールビジネスの実情

だてに3日に1回3人ずつ個別の面談を通して、3年間ほどで3240人以上のスモールビジネスオーナーとの対話を重ねて来たわけではありません。

スモールビジネスオーナーの実情は把握しているつもりですし、そもそも私達自身がスモールビジネスです。

正しい判断で、正しい決断をして欲しいという思いから、今回ポイントを7つに厳選してお伝えしました。

7つの特徴に当てはまる方でも、考え方を変えてウェブ集客を実践し、成果を出した方もいらっしゃいます。

今回この記事を書いた理由は、過去のデータを見て、反面教師にしていただきたいためです。

売上ドカンといったポジティブな側面だけではなく、現実を伝えていくことも私たち「このは屋」の役割だと思っています。

良い面と悪い面の両方を参照することで、バランスの取れた実践ができると思っています。

「知る」よりも「やる」

私たちが常々お客さんに伝えているメーセージは「最低限」ということです。

ノウハウを沢山集めても、知識は増えますが、売上には繋がりません。ノウハウを100集めても、実践が伴わなければ意味はありません。

とにかく、「実践する」ことでしか、現状は変えられません。「知る」よりも「やる」です。

吉田松陰は、「知識を生きる」ことが大切だと説きました。知識を殺しては意味がない、生かすことが結果に繋がるんだという意味だそうです。つまり、実践ということですね。

たくさんのことを知ってる事自体に意味はありません。大切なのは、その知識を使って、実践することです。

「最低限」を着実におこなう

そもそも、ウェブ集客が本業ではないですよね。

自分の商品・サービスを大切なお客さんに提供することが本業のはずです。

それをするために起業したと思います。であれば、本業に集中できる環境を作ることが最優先ですよね。

実践を継続してれば、成果はついてきます。しかし、一度に沢山のことは実践できません。

だからこそ、「最低限」を着実におこなうんです。これが現実的かつ確実な成功法則です。

ぜひ、今回の7つのポイントを今後の事業にお役立て下さい。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで